会社設立時に事務所を借りたい場合はどうすればいいのか?[ひとり会社の設立]

会社設立時に事務所を借りたい場合はどうすればいいのか?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

これから起業する予定で、事務所を借りたいという方もいるでしょう。

しかし、会社設立前に会社名で事務所を借りることができるのか?

今回はそのことに触れます。

会社設立時に事務所を借りたい場合はどうすればいいのか?

事務所を借りるときの留意点

会社設立前なので、当然会社名義で事務所を借りることはできません。

なので、原則として個人でまずは賃貸借契約を結ぶことが多いです。

そして、会社設立後、速やかに会社を賃借人に変更する手続を取ることが多いです。

賃貸借契約時に特約として、会社設立後は会社名義にするなどを設けることが多いです。

なので、事務所を借りて起業したい場合は、まずは不動産屋に行って、確認するようにしてください。

マンションの一室だと事務所として貸してくれないこともありますので、不動産屋とお話して決定してください。

あと、許認可が絡むと事務所選びもより慎重にしなければならないこともありますので、注意してください。

副業で古物商の許可を要する場合も事務所については登録要件となりますので、不動産屋と相談しながら事務所を借りるようにしてください。

コワーキングスペースやバーチャルオフィスではダメなのか?

事務所設立当初に質問をいただくのは、最近流行りのバーチャルオフィスとかコワーキングスペースを本店所在地にしてもいいのかということ。

ホームページには本店所在地可としてあるのもありますが、私はリスクがあると考えます。

実際には実在していなかったり、独立した存在でないと、銀行口座の開設ができないということもあるからです。

最近はネットバンキングとかは登記事項証明書だけあれば口座開設可能とありますが、私はおすすめしません。

会社の事務所がきちんと存在しているかどうかであなたの会社の信用度も変わってきます。

詳しくはこちらのブログでも御覧ください。

ひとり会社の設立 本店所在地をどこにするかをもう一度考えましょう![ひとり会社の設立]

まとめ

事務所を起業当初から借りるときに注意することをまとめてみましたので、参考にしてください。

今回は
『会社設立時に事務所を借りたい場合はどうすればいいのか?[ひとり会社の設立]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

ひとり会社の設立のブログはこちらから

会社設立時の書類に押印する印鑑は何?[ひとり会社の設立] 

会社設立時の出資金はどこに支払えばいいのか?[ひとり会社の設立]

発行可能株式総数と発行済株式総数はどう決めればいいか?[ひとり会社の設立]

何の事業で独立したいのか?事業目的の定め方[ひとり会社の設立]

資本金1円の会社は設立できるのか?[ひとり会社の設立]

会社設立 どのタイミングで法人化するか?[ひとり会社の設立 副業・複業]

参考書籍

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ