相続って誰に相談するのがいいのか?まずは司法書士に相談!江戸川区の司法書士が解説します

相続って誰に相談するのがいいのか?まずは司法書士に相談!江戸川区の司法書士が解説します

東京都江戸川区 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

私が軸においている業務のひとつに「相続」があります。

最近「相続登記」を始め、相続に関する相談を多く受けています。

そこで、誰に相続の相談をするといいのかをこのブログでも何度も紹介していますが、再度確認の意味を含めて紹介していきます。

相続って誰に相談するのがいいのか?まずは司法書士に相談!江戸川区の司法書士が解説します

相続の相談は人それぞれ

相続といってもいろいろあって整理しきれていない方が多いです。

すでに相続が開始して、不動産や預貯金の名義を変えたいという方もいれば、相続開始前に遺言を書きたいとかという相談もあります。

ただ、多くの人は、相続についてそもそも誰に相談すればいいのかわからないという方が多いのが実情です。

まずは、どういうことを相談したいのかをまとめるのがいいでしょう

司法書士が相続でできることとは?

司法書士が「相続」に関してできることは、以下のとおりです。

相続開始前であれば、遺言書の作成、民事信託、後見関係。

相続開始後だと、相続登記や相続放棄などの手続の相談、遺産整理業務など。

しかし、上記に記載したのはあくまでも例示で、その中で複合的な要素が絡まったり、税金が出てきたりします。

なので、自分の専門外やどうしても他の士業のほうがいいというのであれば、税理士などを紹介したりします。

また、明らかに相続人間で争いが出そうだと思ったら、弁護士にお願いするなどしています。

なので、相続に関して何か不安なことがあれば、司法書士に相談するのがいいでしょう。

最近は相続の問題も複雑化している

個人的に思っていることは、最近はただ相続登記をすればいいというわけではなく、相続税も考えて行う必要があるということ。

相続の問題が様々なところに波及している気がします。

最近では「事業承継」の問題もでてきて、誰に継がせるかの他にも、相続の問題も絡んできて、一筋縄にはいかないこともあります。

最近では遺言書の重要性や民事信託(家族信託)のこともマスコミで話題になっているためか、相続開始前からなんとかして欲しいという問い合わせも多いです。

なので、相続に関する問題は令和新時代には大きな局面に来たといえます。

まとめ

令和6年4月1日から相続登記義務化もスタートし、さらに相続に関することがより多くの方に注目されてくるでしょう。

それに対応できる準備も皆様もするとともに、分からないことがあれば司法書士に相談することもおすすめします。

今回は
『相続って誰に相談するのがいいのか?まずは司法書士に相談!江戸川区の司法書士が解説します』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

相続に関するブログはこちらから

参考書籍

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告