相続のこと 誰に相談すればいいのか教えて下さい!

相続のこと 誰に相談すればいいのか教えて下さい!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

先日から、相続に関するあなたのお悩みについて質問を募集しております。

些細なことでも構いませんので、相続について疑問点があれば、ぜひご質問ください。

今回は、質問を頂いた中からの一つを回答いたします。

相続のこと 誰に相談すればいいのか教えて下さい!

不動産登記が絡む場合は司法書士に相談するのがいい

多くの相続に関する相談は、相続開始「後」に関することが多いです。

多くの場合は、不動産名義が被相続人なので、名義を変えてほしいという相談を多く受けます。

相続開始後、そんなに時間が経っていない場合は、すんなり相続人の協力が得られて相続登記まで行くことが多いです。

問題は、相続開始後、相当期間が経過しているような場合。

その場合、だいたい相続人間で複雑な問題が絡んでくることが多いです。

とにかく、不動産登記が絡む場合には司法書士に相談することをおすすめ

そもそも相続について何を相談したらいいかがわからない場合はどうするか?

そもそも相続に関して漠然とした不安があるという方もまずは司法書士に相談してみてください。

相続については、正直後ろめたい気持ちが多く、なかなかやる気がでないのが現実です。

専門家が「相続になる前に早めに相談することをオススメします」といっても、なかなか相談まで踏み込めないことが多いです。

書籍も相続開始後に関するものは売れていますが、相続開始前についての本はなかなか売れていません。

日本は予防法務的なところは疎く、実際に問題が起きてから動くことが多いです。

そうなると、正直手遅れで、あなたが思っているとおりにならないのが現状です。

相続についても、遺言書作成というと、やる気が起きない、後回しでもいいと思っている方が多いです。

しかし、遺言書を書こうと思っていたときに認知症になってしまい、書くことができなくなってしまったというケースも散見されます。

相続について、事前に相談したい場合でも司法書士に相談することをオススメします。

場合によっては、司法書士から他士業につないでくれることもあります。

相続開始前から実は問題が起きている

いろいろな話を聞くと、実は相続開始後よりも相続開始前から何かしらの問題が起きている兆候があります。

これは財産の多寡に関係なく、起きているということをもっと知ってほしいのです。

財産が不動産だけであると、遺留分の絡みがでてしまい、どうしても共有にせざるを得ない。

さらに、相続で不動産を共有にしてしまうと、さらにややこしいこともありうる。

相続税の問題も大事ですが、相続開始後の人間関係も非常に重要になるのです。

まとめ

相続について、些細な質問でも構いません。

分からないことがあれば、「あわせて読みたい」のところからブログにリンクして質問事項にとびますので、ぜひお寄せください。

今回は
『相続のこと 誰に相談すればいいのか教えて下さい!』
に関する内容でした。

参考動画

今回の内容に関する動画も撮影しましたのでぜひ御覧ください。

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

相続のご質問についてのブログはこちらを御覧ください。

参考書籍

親が元気なうちからはじめる後悔しない相続準備の本

五十嵐 明彦 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2019年11月29日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告