相続登記が義務化へ まだ相続登記をしていない方は早めの対策を!

相続登記が義務化へ まだ相続登記をしていない方は早めの対策を!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

昨今、実務で話題になっているのが、「相続登記の義務化」

土地とかが未だなくなった方の名義になっている場合に不都合が生じるケースが昨今問題になっています。

そこで、国としても、所有者不明土地の問題を解決する一環として、相続登記の義務化をすすめることにしました。

もし、このブログを読んでいるあなたがそのような不動産をお持ちの場合、今からできる手続をする場合どうすればいいでしょうか?

相続登記が義務化へ まだ相続登記をしていない方は早めの対策を!

相続登記はいままでは期限がなかった

相続登記を申請するのは、申請人側の自由に委ねられていたのが現状にあります。

しかし、「はじめに」でも書きましたが、未だ相続登記をせず、所有者が不明の土地が九州の国土くらいあるとして大きな問題があります。

とはいっても、価値のない不動産を相続したくもないという方もいるでしょう。

固定資産税の負担もありますし、利用価値のない土地を相続したくないという気持ちもあるでしょう。

ただ、相続登記未了の問題は緊急の課題でもあります。

そこで、今回は相続登記を義務化して一定期間までに登記申請しないといけなくなりました。

それに合わせて、民法・不動産登記を改正していく動きが活発化しています

相続登記の義務化 いつ法律が施行されるのか?

相続登記の義務化は、令和3年4月28日からは3年以内に施行されると言われています。

なので、それ以内にもしあなたが不動産の相続登記が終わっていなければ、親戚等に連絡して、相続に関する手続をしておくことをおすすめします。

現状、相続人が誰だかわからないときは戸籍謄本を取得して相続人を探す作業から始めなければなりません。

となると、戸籍収集には時間と手間がかかるので、早めに取り掛かる必要があります。

相続人全員判明したら、遺産分割協議で不動産を誰が相続するかお話し合いを進めてください。

意外と3年あると思っても、相続手続を始めると結構時間がかかるものです。

できるところからでいいので、速やかに相続登記に関する準備を始めることをおすすめします。

相続登記をしないと罰則があるのか?

現状は相続登記は申請人に委ねているため、相続登記をしなくても罰則はありませんでした。

しかし、今回の民法・不動産登記方の改正から相続登記をしない場合罰則が設けられました。

正当な理由がないのに相続登記を3年以内にしなかった場合、10万円以下の過料に科されることになります。

なので、不動産の名義人につき相続が開始したら、速やかに相続人調査と不動産の帰属先を決めてください。

相続登記制度以外の見直し

相続登記以外にも、今回の法改正で様々なことが変わります。

  • 所有名義人となっている不動産の一覧を、相続人等に証明する制度
  • 登記簿上の所有者の住所等が変わった場合に、その申請登記を義務化する制度

などが導入されます。

特に後者は、今不動産を持っている方が住所変更をしているにも関わらず、登記申請を怠ってしまうと、過料に科されるリスクがあるので注意が必要です。

こちらは令和8年4月までにスタートします。

まとめ

民法と不動産登記の改正。

今回の改正は実務上かなり大きい改正と言えます。

施行期間まで時間があるといっても意外と時間がないものです。

相続登記が未了の場合には、早めに対応することをおすすめします。

今回は
『相続登記が義務化へ まだ相続登記をしていない方は早めの対策を!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

不動産登記に関するブログはこちらから

参考書籍

Q&A 令和3年民法・不動産登記法改正の要点と実務への影響

荒井達也 日本加除出版 2021年06月04日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ
Q&Aでマスターする民法・不動産登記法改正と司法書士実務 重要条文ポイント解説152問

東京司法書士会民法改正対策委員会 日本加除出版 2021年11月02日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告