登記申請の時期は守りましょう!登記申請がどのくらい遅れると罰金みたいなものがくるのか?

登記申請の時期は守りましょう!登記申請がどのくらい遅れると罰金みたいなものがくるのか?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

法人を設立するとき、登記をしなければならない事項を盛り込んで登記を申請します。

登記事項に変更が生じた場合、決められた期限内に原則登記を申請しなければなりません。

登記申請が遅れたりすると、罰金みたいなものがでてしまいます。

今回は罰金みたいなもの「過料」について書いていきます。

登記申請の時期は守りましょう!登記申請がどのくらい遅れると過料がきてしまうのか?

登記申請はいつまでに行わないといけないのか?

登記事項に変更が生じる場合とは、例えば、商号や目的を変えるとか、役員を変えるとかがあります。

代表取締役や代表社員・代表理事住所の変更も登記事項なので、住所を変えたら、変更登記をする必要があります。

登記事項に変更が生じたら、いつまでに変更登記を申請しなければならないのか?

変更が生じた場合、2週間以内に登記を申請しなければなりません。

登記申請が遅れてしまうとどうなってしまうのか?

登記申請しなければならないにもかかわらず、変更登記をせずにずっと放置していた。

特に注意しないといけないのは、特例有限会社の取締役や合同会社の代表社員の住所の変更登記。

これらは、結構忘れがちな登記です。

変更後2週間経過してしまうと、何か不都合が生じてしまうのでしょうか?

実は登記が遅れてしまうと「過料」が生じます。

過料は、行政罰の一種で、簡単には罰金みたいなもの。

遅れれば遅れるほど過料の額は大きくなっていきます。

なので、登記事項は何かをしっかり経営者の方は覚えておくことが肝要です。

過料を防ぐためにはどうすればいいか?

私が推奨するのは、登記事項証明書を数ヶ月に1回取得して確認すること。

それとともに定款もチェックすること。

役員変更登記とかは、任期が切れれていることに意外と気づいていないこともあるので注意です。

ただ、最近任期が2年で登記をし忘れるのと、任期10年で登記をし忘れるのとでは過料の額に差が出ている気がします。

当然任期10年の登記し忘れのほうが、過料の額が大きくなっているように感じます。

なので、いつ設立して、任期満了時はいつなのかをしっかり把握することが重要です。

さらに厄介なのは、過料は代表取締役の住所に届くこと。

過料は会社の経費にはなりませんので注意してください。

登記申請を忘れてしまい過料となると会社の経営にも影響がでますので本当に注意です。

特にみなし解散の通知が来てからの登記の申請は、過料がかなりの額くると聞いていますのでお気をつけください。

まとめ

登記事項に変更があった場合は登記申請を忘れないことが重要。

特に法務にはどうしても疎くなりがちなので注意してください。

今回は
『登記申請の時期は守りましょう!登記申請がどのくらい遅れると罰金みたいなものがくるのか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

法人設立に関する最新ブログはこちら

参考書籍

商業登記ハンドブック第3版

松井信憲 商事法務 2015年05月20日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ