商業登記 株主総会議事録で注意しなければならないことをまとめました![小さな会社の企業法務]

商業登記 株主総会議事録で注意しなければならないことをまとめました!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

商業登記で添付しなければならない株主総会議事録。

議事録の押印はどうしたらいいのかとか、議事録が数枚に渡る場合は契印が必要かなど意外と悩まれている法務担当者が多いです。

今回は、登記申請の際に添付する株主総会議事録についてまとめてみました。

商業登記 株主総会議事録で注意しなければならないことをまとめました!

株主総会議事録の押印者は誰か?

株主総会議事録についての押印義務者については、会社法では規定がありません。

一方取締役会議事録については出席取締役と監査役に押印義務があると会社法で規定されています。

では、株主総会議事録は誰が押印するべきか、こちらのブログにまとめました。

株主総会議事録が数葉になる場合、契印義務はあるのか?

定時株主総会の場合は、計算書類の承認とか役員の選任とか、A4用紙1枚で済むことはほとんどありません。

また、中小零細企業で取締役会設置会社から非取締役会設置会社になる場合、定款をすべて作る必要があり、その定款を株主総会議事録を合綴することがあります。

株主総会議事録が数葉になる場合、袋綴じし、契印することがあります。

この契印は必ず必要なのでしょうか。

契印についてはこちらのブログを御覧ください。

株主総会議事録は原本還付できるか?

商業登記で申請する株主総会議事録。

当然原本をつけて提出しなければなりません。

しかし、大企業とかは株主総会議事録は偽造防止の観点から1通しか作りません。

では、商業登記用で新たに議事録を作成しなければならないのか、それとも原本還付の手続きをすることができるのか?

こちらのブログでまとめました。

まとめ

私のブログで、株主総会議事録に関する内容がよく見られています。

今回まとめ記事で紹介しましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

今回は
『商業登記 株主総会議事録で注意しなければならないことをまとめました![小さな会社の企業法務]』
に関する内容でした。

参考書籍

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ