一般社団法人って簡単にできるんですか?相続税の節税スキームと絡めて・・・

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

最近の日本経済新聞で
『「一般社団設立し相続税逃れ」に課税強化の網 』
という記事がありました。

一般社団法人を使って相続税を節税するスキームは一体どういうものなのか、そもそも一般社団法人自体簡単に設立できるものなのか書いていきます。

一般社団法人って簡単にできるんですか?

一般社団法人を活用した相続税の節税スキームとは?

まずは一般社団法人を設立します。

そして、親が理事に就任し、不動産や株式などの資産を設立した一般社団法人に移転します。
移転することで名義が一般社団法人になります。

そして親が亡くなり、子が一般社団法人の理事に就任します。

一般社団法人が有していた財産は、理事となった子が実質相続することになります。

そうなると、相続税を支払うことなく承継できるので、節税対策として上記のスキームが使われていました

しかし、今後、この方法で行うと、相続税の課税対象となり、節税どころではなくなります。

確かに相続税は高いので、節税に目が向いてしまうのは分かります。

しかし、危ない節税方法だと、今後にも影響がでてしまうことも、きちんと把握すべきだと思います。

一般社団法人って簡単に設立できるの?

今回の節税スキームとして、一般社団法人を設立して財産を移転させる方法がありました。

そもそも一般社団法人を設立することは簡単なのでしょうか?

答えは簡単です。

設立方法は株式会社とほぼ一緒。

まずは定款を作成し、公証人の認証を受ける。
そして、法務局に設立登記を申請する。

それだけで、一般社団法人ができてしまいます。

ひと昔前までは、社団法人を設立するためには、主務官庁の許可が必要でしたが、今は必要ありません。

あとは資本金がなくても設立できてしまうのも簡易にできる要因です。

一般社団法人を設立すると、不動産の名義や資産など一般社団法人名義にすることが可能

なので、相続税の節税スキームに使われたことになります。

株式会社と異なるところとして、一般社団法人を設立するときは、社員が最低2名必要であること。

理事は1名でいいですが、2名いないと設立できないので注意です。

あとは、社団に利益が出たとしても社員に分配することができないということ。

設立時の人数と利益については注意して下さい。

まとめ

一般社団法人を設立した相続税の節税スキームは今後減るものと思われます。

今後も新しい相続税の節税スキームはできる可能性がありますが、リスクも潜んでいることも忘れないようにして下さい。

相続税については、正規にやった場合このくらい支払うことになることを知った上で、何か節税対策できるかを考えたほうがいいと思います。
詳しくは税理士とお話下さい。

今回は
『一般社団法人って簡単にできるんですか?相続税の節税スキームと絡めて・・・』
に関する内容でした。

相続税に関する書籍はこちらから

自分でできる相続税申告

福田 真弓 自由国民社 2017-12-04
売り上げランキング : 4631

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ