不動産登記の登記事項証明書の「権利部」の「甲区」に記載されることは?(その2)【江戸川区葛西司法書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

 

はじめに


前回「甲区」について、登記の目的
原因などについて触れました。


今回はその続きについて書きます。

estate-152518_1280

誰がその不動産を所有しているのか?


「権利者その他の事項」の
原因の下の部分に
「所有者」か「共有者」が書かれています。


その横には、住所・氏名が書かれています。


「共有者」の場合は、さらに持分が
記載されています。


「所有者」になっていれば、その不動産は
その名義人ひとりの方が持っています。


「共有者」になっている場合、
他にも該当不動産には所有している方が
いるということになります。

 

共有者になっている場合、もう一度「登記の目的」の部分を確認する!


ここで、再度「登記の目的」部分を
確認してください。


登記の目的が「所有権保存」もしくは
「所有権移転」の場合、
共有者になっていれば、その時から
該当不動産は共有で取得していることに
なります。


登記の目的が「何某持分全部移転」
「何某持分一部移転」となっているときは、
まず、この権利で誰が所有者か確認します。


そして「所有者」か「共有者」かを見ます。


「所有者」になっていれば、
この不動産全部を所有しているので、
以前に別の理由で不動産を
取得しています。


「共有者」になっていれば、
他にも該当不動産に所有者が
います。


いずれの場合にも、
上の順位も見る必要があります。


結局持分で持っている場合は、全て足して
「1」にならなければならないので、
誰がどの持分で持っているのか
把握することが大事です。


なぜ、誰が持っているのか確認する必要が
あるのでしょうか?


誰が不動産を持っているのか把握しなければならない理由は?


不動産の所有者が分からないと、
該当不動産を処分するときに、
どの権利書(もしくは登記識別情報通知)
を提出(提供)しなければいいかが
分からない
からです。


不動産を失うことは不利になり、
その方の意思を確認する意図があります。


権利証等を出すことで、不動産を失う
意思を表明していることになります。


なので、誰が不動産を持っているのか
きちんと把握する必要があるのです。


特に、私道は、多くの方で共有して
所有していることがあるので、
注意が必要です。

organizer-791939_1920

まとめ


不動産の名義人は誰であるか把握する
ことが大事になります。


特に共有の場合は、
権利関係が複雑になっていることが多く、
丁寧に紐解く必要があります。


これが分からないと、
この不動産を売買等で処分するときに、
どの権利証を添付するのかが分かりません。


複雑であれば、司法書士に相談するのも
一つの手です。


特に相続で不動産を取得するときは
漏れがないように権利関係を把握して
おきましょう。

 

参考書籍

これだけ押さえる! 不動産登記簿の見方と登記手続き

伊波 喜一郎,山﨑 学 近代セールス社 2015-01-09
売り上げランキング : 242420

by ヨメレバ


お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。

 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録    

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ