不動産登記の登記事項証明書をどのように取得すればいいですか?【江戸川区葛西司法書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。
 

はじめに


前回は不動産の登記事項証明書について、
「表題部」と「権利部」の違いなどを
書きました。


今回は、不動産の登記事項証明書の
法務局での取得方法について書きます。

 

不動産の登記事項証明書を取得しに法務局へいきましょう


自分が所有している不動産の登記事項
証明書を取得したい。


そういう場合は、自分の不動産の所在地の
ある法務局
に行って取得します。


自宅の不動産の登記事項証明書を取得する
ときに自分の住所を記載しないように
注意してください


特に自分の所在地で住居表示実施が
されている場合は、住所では不動産は
特定できません。


ではどうすれば取得できるのか?

写真 2015-06-23 14 03 31

法務局で自分の住所から地番を特定しましょう!


多くの方が混乱する要因として、
住所(住居表示)と地番が一致しないこと。


地番が分からないと、該当する不動産の
登記事項証明書を取得できません。


では、どのようにすればいいか?


管轄の法務局に行って、地番検索ができる
パソコンが用意されています。


そこで、取得したい住所を入力すれば、
地番が出てきますので、それを申請書に
書いて窓口に提出します。


もしくはブルーマップ(住宅地図)からも
住居表示から地番の検索が可能ですが、
ちょっと見方が面倒です。


あと、最近法務局で請求機があるので、
指示にしたって入力すれば、申請書を
書かずに、登記事項証明書を請求できます。

 

あらかじめ地番を知る方法はないのか?


自宅の不動産の登記事項証明書を
取得したい場合、あらかじめ地番を
知る方法はないのでしょうか?


不動産の名義人が自分であれば、
権利書や登記識別情報通知を持っている
はずです。


そこに土地や建物の所在等が書いて
ありますので、それを控えておき、
法務局で申請すればいいです。


もう一つ、管轄法務局に電話して
住居表示から地番を教えてもらう方法

あります。


自分の物件で特定できればその方法が
いちばん早いでしょう。


ただし、住所によっては該当物件が
多くあり特定できない場合もあるので、
その場合は、法務局に行って判断しないと
いけない場合もあるので、
注意してください。


あらかじめ、地番が特定できている場合、
管轄法務局ではなく、全国の法務局で
不動産の登記事項証明書を取得する
ことができます

a1180_014454

まとめ


今回は不動産登記事項証明書の取得方法に
ついて書きました。


住居表示ではなく地番
で登記事項証明書を取得すること
覚えておいてください。


地番は、法務局備え付けの検索機や
住宅地図などで分かりますが、
権利証や登記識別情報通知などにも
書かれています。


法務局に電話すれば、住居表示から地番を
教えてくれます。


以上のことを覚えておくといいでしょう。


申請書の記載方法については、
また改めて書きます。


参考書籍

これだけ押さえる! 不動産登記簿の見方と登記手続き

伊波 喜一郎,山﨑 学 近代セールス社 2015-01-09
売り上げランキング : 339798

by ヨメレバ

お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。

 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録    

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ