相鉄・東急新横浜駅 どちらの鉄道会社が管理するのか?私の予想は東急だと思ったのですが…

相鉄・東急新横浜駅 どちらの鉄道会社が管理するのか?私の予想は東急だと思ったのですが…

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

今回は趣味の司法書士・行政書士の鉄道日記ブログです。

はじめに

今回は相鉄・東急直通線を取り上げます。

相鉄線と東急線との接点駅が新横浜駅となります。

その新横浜駅ですが、改札口のイメージ図が動画で公開されました。

ここで、いったいどちらの鉄道会社が新横浜駅を管轄するのか予想してみました。

相鉄・東急新横浜駅 どちらの鉄道会社が管理するのか?私の予想は東急だと思ったのですが…

イメージ図が動画で公開されました

あと1年ほど、2022年下期に完成予定の相鉄・東急直通線。

羽沢横浜国大駅から新横浜駅、新綱島駅をとおり日吉駅を結ぶ路線。

相鉄線から、東急東横線、目黒線に乗り入れる計画があります。

そのため、相鉄線では、乗り入れに対応する20000系、21000系が登場。

東急線も、目黒線の車両と東横線の一部車両が相鉄線に乗り入れできるように改造工事をしています。

現在の工事の様子とイメージ図がこの度、JRTT鉄道・運輸機構が動画で公開しました。

個人的には東急電鉄が新横浜駅を管轄しそうですが…

基本、同一駅に複数の鉄道会社が乗り入れてくる場合、駅管理はどちらかの鉄道会社が行います。

そうなると、その鉄道会社のカラーが駅に反映されやすくなります。

例えば渋谷駅の場合、東急東横線と東京メトロ副都心線が同じホームを使用していますが、駅管理は東急電鉄が行っています。

なので、案内表示器等も東急電鉄仕様となっています。

今回の新横浜の件ですが、私は東急電鉄が駅管理を行うと思っています。

日吉方面から新横浜方面へ折り返す電車が多くなる予想があるからです。

というのも、東京メトロ南北線や都営三田線の車両が相鉄線に乗り入れるための設備を搭載している車両が限定され、6両編成もありうるため、東急電鉄のほうが管理しやすいと結論づけました。

▲相鉄・東急直通線で使用される相模鉄道21000系
▲相鉄線に乗り入れ対応の東急3020系
▲東急新横浜線に乗り入れるのか都営三田線6300形(左)と東京メトロ9000系(右)
▲現状は相鉄線乗り入れ機器を搭載していない都営三田線6500形

Twitterでアンケートしてみた結果

ちょっと気になったので、Twitterのアンケート機能をつかって、実際にアンケートをとってみました。

すると、私の予想に反して、相模鉄道が新横浜駅を管理するという意見が多かったのです。

これは、イメージ図から相模鉄道仕様と思わる箇所が多いことが一番の要因です。

ただ、数字が拮抗しているので、なかなかどちらとも言えないのが現状でしょうね。

まとめ

実際に相鉄・東急直通線(ともに新横浜線)ができた時どうなっているのか気になります。

来年の今ころにははっきり結論は出ているでしょう。

今回は
『相鉄・東急新横浜駅 どちらの鉄道会社が管理するのか?私の予想は東急だと思ったのですが…』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

鉄道日記に関するブログはこちらから

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告