都営大江戸線勝どき駅が2019年2月11日から大変化!方向別ホームに!実際に使用開始前に見に行ってきた!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

都営大江戸線勝どき駅。

晴海トリトンスクエアの最寄駅でもあり、タワーマンションとか立ち並ぶエリア。

この駅が大きく変わろうとしています。
どのように変わろうとしているのでしょうか?

勝どき駅 方向別ホームに!

勝どき駅は1面2線のホーム。

幅も狭く、ラッシュ時にはかなり混雑していました。

それもそのはず、開業当初は3万人だったのが、現在の乗降客数が10万人なので・・・

勝どき駅は乗換駅でもないのにこんなに乗降客数がいるとは驚きです。

そこで抜本的改善策として、ホームを新たに作り、方向別にし、混雑緩和を図る運びとなりました。

早速勝どき駅に行って様子を見てきた!

実際に訪れた日は2月9日。
すでにホームも使える状態にまで来ています。

かなり広めのホームで、混雑解消を狙っているのかが分かります。

合わせて晴海通りを挟んで分かれている地下1階のコンコースを2月11日から一体化。

さらに新しい出入口を新設するとのことで、勝どき駅がより便利になります。

夕方に門前仲町駅から汐留駅まで都営大江戸線を使う機会がありますが、勝どき駅はいつも混んでいるという印象がありました。

ホームが新しくできれば安全ですね。

あとは2月11日を待つばかりとなりました。

2月9日現在は2番線はホーム柵状態になっていて駅員や警備員の方がホームを巡回していました。

まとめ

都営大江戸線勝どき駅がまさかここまで乗降客数が増えるとは思っていなかったと思われます。

勝どき駅がより使いやすくなって便利になる、実際に見に行って感じたことです。

詳しくはこちらも御覧ください。

平成31年2月11日 大江戸線勝どき駅の新設ホームを供用開始し混雑緩和と利便性の向上を図ります!(東京都交通局ホームページより)

今回は
『都営大江戸線勝どき駅が2019年2月11日から大変化!方向別ホームに!実際に使用開始前に見に行ってきた!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ