京浜急行800形の終焉 あの独特の顔が見られるのはあと少し・・・

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

鉄道日記ブログ

京浜急行。
新型車両の登場の影で、終焉を迎える車両があります。

あの独特の前面の車両が見られるのはあと少しです。

京浜急行のあの車両が見られるのはあと少し だんだん貴重な存在に・・・

あの独特の表情が印象的な車両

その車両は京浜急行800形。
誰が行ったかわかりませんが、だるま顔の愛称で久しまれています。

登場時は3両編成で登場しましたが、現在はすべて6両編成で運転されています。

ドアは片扉車。
一昔前の京浜急行は片扉車が多かったですが、いつの間にか800形だけになってしまいました。

そして、1車両4扉車も800形。
今回4扉がホームドア設置の際に災いとなり、今年度限りで引退するようです。

800形はどこを走っているのか?

以前は羽田空港にも乗り入れていましたが、羽田空港国際線ターミナル駅でホームドアが設置されてから、運用につかなくなりました。

現在は品川~浦賀間の普通列車を中心に活躍しています。

この車両は前面が貫通扉になっていないため、都営浅草線に乗り入れることはできません。

800形のリバイバルカラー車両

800形も残り数編成と寂しくなる限り。
そのうち1編成はリバイバルカラーで活躍しています。

リバイバルカラーは登場当時のように側面が赤と白に色分けされていた車両。

以前2000形が廃車になる前も、登場時のカラーで走らせていました。

この車両と出会えると、この日はラッキーだと感じてしまいます。

まとめ

京浜急行800形が見られるのはおそらく来年の春くらいまででしょう。

2000形同様に3月には引退しそうな気がします。

私も800形と出会えたら早めに記録していこうと思います。

あなたにとって京浜急行800形の思い入れはありますか?

今回は
『京浜急行800形の終焉 あの独特の顔が見られるのはあと少し・・・』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

京浜急行では様々なラッピング車両が登場しています。
「京急120年の歩み号」に乗車した時のことをブログで書きました。

参考書籍

京浜急行電鉄 名車の軌跡 (イカロス・ムック)

イカロス出版 2018-10-30
売り上げランキング : 5959

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ