定期検診の大切さを感じた一日 司法書士の訴訟業務の話も 2018.11.2のライフログ

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2018年11月2日。

この日は午後から裁判所に行って書類の提出。

そして夕方からは歯医者へ。
やっぱり早めの治療が大事ですね・・・

そこでの気付きも書きます。

2018年11月1日のライフログ

タロットの結果は・・・

ライフログ恒例、「OSHO ZEN TAROT」のタロットカードを引きました。
「今日はどんな一日でいたいか?」合わせて

引いたカードは「「THE OUTSIDER」」

このカードを見たとき、現在にしがみついていて、その先のことにすぐに取り書かれるのにやらない自分がいるみたいな気がしました。

確かに今のことに軸足を置くことも大事ですが、将来どのようにありたいかも考えることは、もしかしたら明るい世界が待っているかも。

怖がらずに前へ進んでいいんだよと暗示している気がしました。

やはり、行動することに恐怖心があることは私も含め多くの方にあるでしょう。

しかし、現状を変えたいのであれば、自分から動いて行くしかありません。

そんなことをタロットから教えてもらいました。

by カエレバ

午後から裁判所へ 訴訟業務でひとこと(マンションの管理費等の支払い請求について)

午後に簡易裁判所と家庭裁判所に行って書類を提出してきました。

家庭裁判所では成年後見に関する書類を、簡易裁判所では裁判に関する書類をそれぞれ提出してきました。

ところで、私も過払金返還請求訴訟を何年も前から起こしていますが、数年前はマンション管理組合から管理費や修繕積立金の滞納者への訴訟もしたことがあります。

最近、マンション管理組合の管理費等の支払いで困っているところが多いと聞きました。

訴訟を起こす場合は、規約で総会を開いて承認決議を取らないといけないところもあります。

そうなると時間もかかり、滞納費用の回収も難しくなります。

積立金がないと大規模修繕ができずマンションの価値も下がってしまいます。

マンションの大小にかかわらず、積立金の未納者がいたら早めに対応しないといけません。

脱線してしまいましたが、司法書士でも140万円以内であれば、積立金の支払いを求める訴訟の代理人となることができるので、管理組合でお困りの方がいれば相談してみてはいかがでしょうか。

歯が痛ければ早めに行かないととんでもないことに・・・

実は10月になってから急に歯が痛くなり始め、どうしようもない日が続いていました。

仕方なく時間を見つけ歯医者に行ったら、親知らずに虫歯があり、抜歯しないといけないことに・・・

先週抜歯して、この日は経過と残りの歯の治療。
なんとか今回で終わりました。

歯の定期検診は一年に数度行ったほうがいいかもしれないと実感。

痛くなってからだとかえって面倒なことになりそうだと・・・

まとめ

この日の気付きは

  • 将来何が起こるかわからないので、とにかく行動してみよう!
  • 司法書士業務の簡裁訴訟代理業務もあるので、是非活用していただきたい
  • 歯の定期検診は一年に数回やったほうがいい

今回は
『2018年度司法書士試験合格発表 ランチは大好きな麻婆豆腐を堪能! 2018.11.1のライフログ』
に関する内容でした。

2018年11月2日に更新したブログはこちら!

2018年11月1日のライフログはこちら!

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

Avatar photo

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告