横浜シーサイドライン乗りに行くために新杉田に行ってきた!でも降りた駅は杉田駅 なせ・・・

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

関東近郊の鉄道はほとんど乗りましたが、未だに乗ったことがない電車が・・・

その1つが「横浜シーサイドライン」

新杉田と金沢八景を結ぶ電車。
ゆりかもめとかと同じ無人運転する電車です。

今回「横浜シーサイドライン」に乗りに行くために新杉田駅へ向かうことにしましたが・・・

横浜シーサイドライン乗りに行くために新杉田に行ってきた!

京浜急行を利用していくと・・・

個人的にはJRよりも私鉄のほうが好きなので、今回も京浜急行で新杉田まで行くことに。

でも京浜急行には「新杉田」駅はありません。

ではどうやって京浜急行で新杉田駅へ行ったのか?

実は、京浜急行には「杉田」駅があります。

杉田駅はかつては普通しか停車していませんでしたが。最近エアポート急行も停車するように。

おそらく杉田駅と新杉田駅を連絡駅扱い舌からかもしれません。

そう、杉田駅と新杉田駅は徒歩で行ける距離にあるのです。

なので私も杉田駅から新杉田駅まで歩いて向かうことにしたのです。

杉田駅で降りて、商店街を通っていき、国道16号線を渡り、駅ビルに到着。
歩いたら10分位でしょうか。

決して便利な乗換駅とは言えませんが、知っておくと振替輸送とかで役に立つでしょう。

杉田駅まで京浜急行を利用 あれっ、あの車両が・・

杉田駅まで京浜急行を利用。

上大岡まで快特を利用し、上大岡でエアポート急行に乗り換え。

上大岡までは京急2100形。
2つドアのクロスシート車で快適に来ました。

上大岡からはエアポート急行に乗り換え。

この車両がなんと都営浅草線の新型車両5500形だったのです。

京急蒲田駅以南のエアポート急行は日中の1運用は都営地下鉄の車両を用いますが、まさかの新型車両に驚いています。

まとめ

杉田駅まで京浜急行でいき、そこから新杉田までは徒歩。

杉田駅と新杉田駅が連絡駅扱いだということを知っておくと便利かもしれません。

今回は
『横浜シーサイドライン乗りに行くために新杉田に行ってきた!でも降りた駅は杉田・・・』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

参考書籍

京浜急行電鉄の120年 (みんなの鉄道DVDBOOKシリーズ) (メディアックスMOOK)

メディアックス 2018-12-28
売り上げランキング : 11101

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ