横浜シーサイドラインに初めて乗ってきた!眺めがきれい!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

関東近郊の鉄道はほとんど乗りましたが、未だに乗ったことがない電車が・・・

その1つが「横浜シーサイドライン」

新杉田と金沢八景を結ぶ電車。
ゆりかもめとかと同じ無人運転する電車です。

いつか乗ってみたいと思っていましたが、やっとその機会に恵まれたので、行ってきました!

横浜シーサイドラインに初めて乗ってきた!

シーサイドラインの特徴は?

横浜シーサイドラインはJR根岸線新杉田駅と京浜急行金沢八景駅を結ぶ電車。

ゆりかもめとかと同じ運転手がいない無人運転する電車です。

新杉田から南部市場、産業振興センター、市大医学部、八景島、海の公園、野島公園を通り金沢八景に至る路線。

市大医学部をすぎると海が見え、八景島シーパラダイスを見ることができる路線です。

新杉田駅から乗車 海沿いを気持ちよく走行!

今回は新杉田駅から乗車。

新杉田駅はJR根岸線が通っていますが、京浜急行の杉田駅も利用できます。
詳しくはこちらのブログを御覧ください。

さて、新杉田駅から乗車したときはそれなりの混雑で利用者も多いです。
座席はほぼ埋まっていました。

早速出発して気づいたのですが、シーサイドラインは意外と静かに走るので、走行音はそんなに気になりません。
路線はカーブが比較的多く、減速も結構あります。

市大医学部をすぎると海が一望でき、景色は最高!

今回乗車したときは晴れていたので、気分も良かったです。

お客さんの流れは、やはり八景島駅でかなりの降車がありました。

金沢八景駅は仮駅 間もなく京浜急行の駅に隣接

新杉田駅から30分もかからず、終点金沢八景駅に到着。
金沢八景駅は実はまだ仮駅状態。

周辺地域が再開発中で、シーサイドラインの終点は完璧ではありません。

シーサイドラインから京浜急行に乗り換えるときは、国道16号を渡らなければならずちょっと面倒。

しかし、2019年3月頃、シーサイドラインの本駅舎が完成予定。

これで、シーサイドラインと京浜急行の乗り換えがより便利になります。

あわせて駅前も整備される予定で、金沢八景駅も雰囲気が変わる様相を見せています。

まとめ

普段はなかなか見ることができない景色をシーサイドラインから見ることができて満足!

天気のいい日に乗りに行きたい路線ですね。

今回は
『横浜シーサイドラインに初めて乗ってきた!眺めがきれい!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

金沢八景駅からは路線バスで鎌倉へ行きました。こちらのブログも合わせて御覧ください。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ