都営三田線の駅の行先案内表示器がLCD(液晶ディスプレイ)に!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

都営三田線で新高島平駅まで仕事に行ってきたときのこと。

駅の行先案内表示器を見ていたら、変化が!

都営三田線の駅の行先案内表示器がLCD(液晶ディスプレイ)に!

都営三田線の各駅にはLEDの行先案内表示器が最低2つ(北行(=西高島平方面)と南行(=目黒方面))あります。

新高島平駅の西高島平方面には行先案内表示器はありません。

仕事が終わり電車を待っていると、ふと行先案内表示器が変わっているのに気づきました。

なんと、行先案内表示器がLEDからLCDに変化しているではありませんか。
正直びっくりしました。

行先案内表示器がLCDだと情報量が多い!

どのような表示をするのかチェックしてみたら、先発・次発案内、都営交通の情報提供の他に各駅案内の表示もされていました。

LCD表示器だと、LED表示器と比べ、提供できる情報量が多いのが特徴。
視覚的にも見やすくなるのでいいですね。

あと、日本語・英語の他に、中国語、韓国語表記もされ、グルーバルな感じも受けます。

行先案内表示器をもっと増やしてほしい

基本的には、駅に設置されている行先案内表示器、都営三田線の場合は北行・南行各1台ずつ設置されています。

しかし、駅によっては1台だけだと不便でしょうがない。

これから都営三田線も8両化になるのだから、せめて北行・南行2台ずつ設置してほしいです。

さらに、改札口にも行先案内表示器があれば便利になると思うのですが・・・

まとめ

2019年1月15日現在、都営三田線内で駅の行先案内表示器がLCDなのはまだ少ないです。

今後、都営三田線の駅でも増えていくと思われます。

他の都営地下鉄にも波及していくのか注目です。

今回は
『都営三田線の駅の行先案内表示器がLCD(液晶ディスプレイ)に!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

都営まるごときっぷ、記念バージョンをすべてコンプリート!そのブログはこちらから。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ