東武東上線が2019年3月16日にダイヤ改正!「川越特急」の登場とあのラッピング車両が・・・

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

東武東上線がダイヤ改正!
2019年3月16日に行われます。

2019年3月16日(土) 東武東上線ダイヤ改正(東武鉄道ホームページ)

「川越特急」が登場するとの目玉がありますが、あのラッピング車両がついに2月上旬に終焉を迎えます・・・

東武東上線が2019年3月16日にダイヤ改正!

新種別「川越特急」が登場

東武東上線のダイヤ改正の記事を見たとき、一番驚いた記事です。

地味な東武東上線がここまで画期的な種別を登場させるとは思いませんでした。

運転区間は池袋~小川町間
停車駅は池袋・朝霞台・川越・川越市・坂戸・東松山・森林公園・つきのわ・武蔵嵐山・小川町です。

池袋~川越間最速26分ということで、インパクトがあります。

「川越特急」と種別がありながら、小川町までいくのですね。
川越市止まりでもいいような気が・・・

あとは朝霞台に停車させたのは武蔵野線の乗換駅だからでしょうが、池袋~川越間ノンストップでもいい気が。
そうすれば池袋~川越間25分で走破できそう。

車両は50090型クロスシート車。
ここは評価できます。

50090型はWi-Fi設置している車両ですが、コンセントがない・・・

最近京王5000系のクロスシートに乗ったとき座り心地が良かったので、修繕工事の際にクロスシート変更とコンセントをつけてほしいです。

あのラッピング車両がついに終焉・・・

50090型の51092編成は、現在「ブルーバード号」のリバイバルカラー車両として活躍しています。

しかし、2月上旬をもって運転を終了するとのこと。

正直残念ですが、期間限定ということもあり、しょうがないですよね。

51092編成、またもとどおりにもどるのかというと、今度もラッピング車両として登場するとのこと。

今度は「川越特急」誕生を兼ねて「池袋・川越アートトレイン」として新たにラッピングされて登場するようです。
2月中旬から運用を開始するとのこと。

ラッピング車両の概要はホームページに紹介されていますが、実際はどんな車両で登場するのか、本当に楽しみです。

まとめ

東武東上線のダイヤ改正、3月16日に行われますが、「川越特急」以外に何が変わるのか、1月24日地点では分かりません。

また詳細が分かったらブログを書く予定です。

今回は
『東武東上線が2019年3月16日にダイヤ改正!「川越特急」の登場とあのラッピング車両が・・・』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ