「書くのがしんどい」by竹村俊助 書くのが億劫だという人は絶対に読んだほうがいい本 この本を読んでの3つの気づき・勇気は?

「書くのがしんどい」by竹村俊助 書くのが億劫だという人は絶対に読んだほうがいい本 この本を読んでの3つの気づき・勇気は?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2021年2冊目の読書日記。

今回は、竹村俊助さんの「書くのがしんどい」を紹介します。

AI、デジタルの時代と言われています。

しかし「書く」スキルはこういう時代だからこそますます重要になると私は思います。

ブログをほぼ毎日書いている私。

でも文章を書くことについては色々悩みがあります。

そこでこの本を手に取り、学ぶことにしました。

書くのがしんどいと感じる人に是非この本を読んでほしいです。

書くのがしんどい

竹村 俊助 PHP研究所 2020年07月31日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

「書くのがしんどい」by竹村俊助 書くのが億劫だという人は絶対に読んだほうがいい本

気づき1:一文は短く 結論を言い切る勇気

私が文章を書くとき、長くなってしまう傾向があります。

そうなると、「分かりづらい」「文章がねじれて何をいいたいか分からない」などにつながってしまいます。

そこで、この本で気づいたのは、「文章は言い切る」「短く一文を書く」勇気が必要だということ。

文章には流れもあり、うまく繋げていかないと読者も読むのが大変だと感じました。

分かりやすく書くことは、読者思いにも繋がり、ファンができてくることを理解しました。

やはり、曖昧な文章よりも言い切ることを心がけていきたいと感じました。

気づき2:結論を先に言い切る勇気

やはり、ブログは結論を先にいい切ることが重要なのかとこの本で思いました。

結論を先に述べないところは、私のブログで悪いところかもしれません。

結論を最後に書くことで、最後まで読んでくれる可能性が高いということを。

しかし、実は発想が逆で、結論を先に言い切ることで、その理由はなんだろうと読者が逆に惹かれていくことを

なので、結論でインパクトをつけていくことが文章を書く上で大事なのかと気付かされました。

どうしても法律内容を書くときは批判が怖く、結論を先に持っていきたくありませんでした。

しかし、読むのは専門家ではなく一般の方。

少しでも役立つ情報という観点から、知りたい情報を即座に教えてあげるということも必要だと感じました。

まずは、結論を言い切る勇気を持ちたいとこの本を読んで感じました。

気づき3:Twitterをマーケティングツールとして使う勇気

Twitterは140字以内で表現するSNS。

短めの文章でどのような反応が来るかがわかるツール。

なので、Twitterは自分の文章向上のためにはもってこいだとこの本で感じました。

いいねとかリツイートされると、ブログのネタにも繋がり、一石二鳥。

なので、ネタになりそうなものは、どんどんツイートしていこうと思いました。

Twitterもブランディングツールとして自分には使い勝手もいいのかと。

どんどん情報発信する勇気が必要になると思いました。

まとめ

もともと「書く」ということには拒絶反応はありませんでした。

しかし、ブログネタとかなく、書くのがしんどくなるときがあります。

この本を読んで、ネタの発見の仕方からどうやって読者を引きつける文章を書くのかを理解できました。

この本は読むタイミングで色々発見できそうなので、また改めて読んでみたいです。

Twitter、使いこなしていこう!

今回は
『「書くのがしんどい」by竹村俊助 書くのが億劫だという人は絶対に読んだほうがいい本 この本を読んでの3つの気づき・勇気は?』
に関する内容でした。

今回紹介した本はこちら

書くのがしんどい

竹村 俊助 PHP研究所 2020年07月31日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

あわせて読みたい

読書日記ブログはこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ