難関資格試験 1回で合格できるのか?

難関資格試験 1回で合格できるのか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

司法書士試験の予備校のカリキュラムに沿えば1回で本当に合格できるのでしょうか?

結論をいうと、司法書士試験を予備校のカリキュラムに沿って1回で受かる方もいますが、少数だと思ってください。
今回は資格試験1回で受かるのかをテーマに書きます。

難関資格試験 1回で合格できるのか?

資格試験ごとで1回で受かるかどうかは異なる

資格試験と行っても、年に何回も行われているものもあれば、1年に1回しか行われないものもあり、さらに国家資格もあれば民間資格もあり、さまざまです。

今回は、国家資格をメインに書いていきます。

私は、司法書士と行政書士を持っていますが、全て1回合格ではありません。

司法書士試験は合格までに6回受けていますし、行政書士も数回受験しています。

ただし、1回で受かるかどうかと言われると、行政書士試験のほうが1回で合格しやすいです。

難易度がそこまで高くないし、一定点数を取れば合格できるからです。

しかし、司法書士試験の場合は、基準点をクリアするだけでなく、総合得点で上位何人で切れてしまうので、簡単な年は総合得点が高くなりがち。

司法書士試験の他、予備試験など1回で合格するのは至難の業です。

税理士試験は科目合格がありますが、すべての科目を1回で合格するのは難しいと言われています。

1回で合格できる司法書士試験 どうやればいいのか?

正直私の知っている範囲で、司法書士試験を1回で受かった人は一握りです。

年によって異なるかもしれませんが、1回受験で受かっているのは正直超少数だと思っていいでしょう。

2回目で受かっている方は増えてきて、最近は合格者の平均受験回数は3~4回程度だと思います。

中には5ヶ月で受かりましたとか、7ヶ月で受かりましたとか言う方もいます。

正直、問題の相性が良かったのと運があったのかとも思えます。

ただ、短期合格者がやってきたことは、実は理にかなっているのです。

彼らは受かるための情報をきちんと整理し、できるところから潰していった、余計なことは一切やらなかった、事務処理能力があった、これが短期合格のためには重要です。

最近は各予備校が様々な情報を出していますが、大事なことは何かを短期合格者は掴んでいます。

なので、予備校で1回で合格している人を結構アピールしていますが、現実は少ないものと思ってください。

まとめ

では司法書士試験をはじめ、各種資格試験を1回で受かる方はそんなに多くないんですね。

はっきりいってしまえばそうです。資格試験の中には1回で受かるものもありますが、難関資格試験であればあるほど1回で受かるのは本当に大変であることを意識してください。

今回は
『難関資格試験 1回で合格できるのか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

「司法書士試験」についてはこちらのブログも合わせて御覧ください。

参考書籍

司法書士になることは現代最強の生き残り策である

山本 浩司 早稲田経営出版 2020年03月19日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ