会社の謄本 どこで取得すればいいの?

写真 2015-01-13 16 23 03

各種諸手続きに必要となる「謄本」

あなたが会社を経営すると、銀行などで口座を作る際や役所で諸手続きをする場合、
「会社の履歴事項全部証明書をとってきてください」
「謄本持ってきてください」
などといわれることがあります。

そもそも
履歴事項全部証明書って何?
会社の登記簿って何?

しかもどこで取得するの?

そういう疑問もあるでしょう。

今回はそのようなことを書いていきます。


とりあえず法務局に行ってみよう!

「履歴事項全部証明書とか謄本を取得してください」
と言われたら、法務局に行ってみましょう。

自分の会社の本店の所在地を管轄する法務局に行くのが一番いいです。

役員が変わったとかで登記事項に変更が生じた場合は、登記を申請する必要があります。
登記を申請するのは自分の本店所在地を管轄する法務局にする必要があります。

しかし、履歴事項全部証明書や謄本は、すべての法務局で取得可能です。(一部を除く)

いま各法務局オンラインでつながっており、データを共有しているので、どこの法務局でもとれます。

法務局についたら、申請書があるので、それに記入して、申請すれば取得可能です。


「履歴」か「現在」か?

履歴事項証明書を取得すると、変更した前のも含めて取得することができます。

まさに会社の「履歴書」みたいなものです。

現在事項証明書を取得すると、現在効力のある部分が書かれている謄本が取得できます。

どっちを取ればいいか迷うところですが、基本は「履歴事項」を取れば問題ありません。

「履歴事項」であろうと「現在事項」であろうと費用は変わりません。

なので、言われた通りのものを取れば問題ないでしょう。

会社の謄本や履歴事項全部証明書が必要だと言われたら、法務局へいきましょう!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ