各種資格試験 答案練習会は受けたほうがいいのか?

各種資格試験 答案練習会は受けたほうがいいのか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

各種資格試験で、予備校が作成した問題を制限時間内に解く「答案練習会」。

難関資格試験であればあるほど、このようなアウトプット中心の講座が用意されています。

では実際に受講したほうがいいのか?

その辺りを私の考えをもとに書きました。

各種資格試験 答案練習会は受けたほうがいいのか?

アウトプットの訓練の場所として受けるのは悪くない

今までの勉強で培ってきた知識を答案練習会で表現するというのは悪くありません。

実際に本番で知識が出てこなかったら元も子もないので。

さらに決められた時間内に問題を解くことは自分の頭の働き方を知ることができるので受講するのは悪くありません。

あとは、自分なりの択一式の解き方を試すにも絶好の機会です。

予備校の問題に慣れてしまう弊害が…

予備校が出題する問題は、本試験の傾向をわきまえて作成はされています。

しかし、どうしても重箱の隅をつつくような問題も散見されます。

さらには、過去問から逸脱した問題も結構出すところもあります。

本試験の的中狙いをしているところもあり、予備校によっては問題の癖が結構出てきます。

予備校の問題に慣れてしまうと、結構本番で変なところでつまづく要因となります。

あくまで過去問が重要 過去問が終わっていないなら受けない

特に今年はじめて試験を受ける人は、自分の勉強ペースに合わないのであれば敢えて受講しないというのもありです。

まだ過去問も終わってなく、全範囲も回せていないのであれば、確実に過去問とか試験の問題を終わらせるほうが先決です。

あくまでも各種資格試験で大事なのは過去問であり、問題演習ではありません。

試験問題は過去問をアレンジしていろいろな角度で問題を出してくるので、過去問レベルに到達していないとかえって時間の無駄になってしまいます。

公開模試は必ず受講する

答案練習会とは逆に必ず受講してもらいたいのは公開模試。

これは、本試験さながらに時間を決めて行われるので、時間のペースを知る上で良い訓練になります。

またアウトプットの訓練にもなるので、重宝します。

答案練習会は受けなくても、公開模試は受けるべきです。

まとめ

答案練習会を受けなくても受かっている受験生は多いです。

自分がどのくらい勉強時間に割けるのか、そのことを十分に検討して答案練習会を受けるかどうかを決めてください。

なので、合格するためには答案練習会は必須ではないことをお伝えします。

今回は
『各種資格試験 答案練習会は受けたほうがいいのか?』
に関する内容でした。

参考動画

YouTubeのチャンネルはこちら

あわせて読みたい

資格試験についてのブログはこちらを御覧ください。

参考書籍

資格試験に超速で合格る勉強法

尾本一明 すばる舎 2017年04月15日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ