京成3600形4両編成ターボ車に乗ってきた!

京成3600形4両編成ターボ車に乗ってきた!

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

本来はnote鉄道日記マガジンに書くネタですが、今回は動画撮影もしたので、こちらに書きます。

鉄道車両の宿命として、新型車両が登場すると、旧型車両は廃車にしないといけない運命にあります。

今回は、だいぶ数を減らしている京成3600形に焦点を当てます。

京成3600形4両編成ターボ車に乗ってきた!

京成3600形とは?

京成3600系は昭和57年から導入された車両。

導入当初は6両編成で側面窓上部の帯はオレンジ色でした。

平成9年から6両を8両編成化され、その余剰車で先頭車同士の編成も登場し、現在は4両編成としてターボ車の愛称で活躍してます。

8両編成はもっぱら本線系統で運転されていて、都営浅草線には乗り入れますが、先頭車が電動車でないため、京浜急行には乗り入れできません。

最近は3000形、3100形の増備で廃車が進み、2020年7月25日現在、8両編成は消滅、6両編成と4両編成が残っています。

2020年8月1日からリバイバルカラーで6両編成が活躍することになっています。

▲すでに8両編成は消滅した3600形

3600形4両編成を撮影してきた

現状本線での4両編成は運転されておらず、金町線と京成成田~芝山千代田間のみの運転となっています。

そこで3600形の4両編成を撮影しようと金町線に行ってきました。

ちょうどこの日は3600形の運用日になっており、京成高砂~京成金町間で運転されていました。

4両編成は「ターボ車」「ターボくん」との愛称で親しまれています。

もともと乗務員から広まったといわれていて、3600形よりあとに登場した3700形より、加速が良くてブレーキもよくきくところから来ているようですが、真相は不明です。

早速京成高砂方面の前面を撮影

先頭車同士の連結部分も撮影

京成金町方面の前面も撮影

まとめ

京成3600形は6両編成リバイバルカラーで今後は本線の普通運用で活躍するのが最後になりそうです。

4両編成はしばらくは残ると思いますが、間違いなく近い将来なくなってしまう車両になりそうです。

3600形の今後の去就に注目です。

今回は
『京成3600形4両編成ターボ車に乗ってきた!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

鉄道日記ブログはこちらから

98694 京成電鉄 AE形(スカイライナー)セット(8両)[TOMIX]【送料無料】《07月予約》
by カエレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ