司法書士試験 受験資格はあるのか?[司法書士実務日記]

司法書士試験 受験資格はあるのか?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

よく司法書士試験は受験資格はあるのかという質問を受けます。

司法試験みたいに受験資格はあるのか、ざっくり紹介します。

司法書士試験 受験資格はあるのか?

司法書士試験の内容は?

受験資格を紹介する前に、司法書士試験の概要をざっくり紹介します。

司法書士試験は大きく分けて2つの試験から成り立っています。

7月第1日曜日に行われている筆記試験と、筆記試験合格者を対象とした口述試験があります。

口述試験はほぼ全員受かるので、筆記試験がヤマ場となります。

試験は、1日で行われ、午前は9時30分~11時30分、午後は13時~16時までで1日で終わるのが特徴。

この1日のために受験生の皆さんは合格に向けて勉強しています。

この試験の特徴として、午前が実体法、午後が手続法と記述式試験が出ます。

記述式試験とは、実際に不動産登記、商業登記の申請書を記載させる内容で、事件に即して事件を組み立てて行う試験です。

司法書士試験の試験科目は?

司法書士試験の科目は、午前が実体法、午後が手続法が出題されます。

出題される科目は

午前中に出題される科目は

  • 憲法
  • 民法
  • 刑法
  • 会社法(商法)

午後に出題される科目は

  • 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法
  • 司法書士法
  • 供託法
  • 不動産登記法
  • 商業登記法

と多岐に渡ります。

しかし、民法と不動産登記法、民事訴訟法関連と供託法は関連が強く、会社法と商業登記法も関連が強いため、いかに効率よく勉強していくかが鍵になります。

細かいところまでやればきりがないので、過去問を中心にやっていくのが合格への条件となります。

司法書士試験の受験資格に制限があるのか?

2019年の司法書士の願書を見てみると、年令、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。

なので、私が受験生時代、大学生も多く受験していました。

2019年の場合、合格最低年齢が20歳で、平均年齢が40歳くらいです。

意外とサラリーマン経験者が受験している場合も多く見かけます。

私が受験生のときは、司法書士事務所の補助者として働いていました。

この試験の合格者は様々な職歴の方がいるので面白いです。

まとめ

特に制限なく受けられるのが司法書士試験の魅力。

難関試験といわれていますが、仕事のやりがいは大きいのでチャレンジするのはありです。

今回は
『司法書士試験 受験資格はあるのか?[司法書士実務日記]』
に関する内容でした。

あわせて読みたい(司法書士試験関連の記事です)

司法書士試験 合格後の研修はどうなっているのか? 

司法書士試験雑感 司法書士試験は難関なのか?

2019年度(平成31年度)司法書士試験最終合格発表が!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ