相続 事実婚の場合は相手に財産を引き継げないのか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

最近、家族の多様化により「事実婚」や
「内縁関係」にいる方も増えています。


しかし、相続が開始すると、「事実婚」や
「内縁関係」の場合厄介な問題に直面します。

相続 事実婚の場合は財産を引き継げないのか?


事実婚の相手方は相続人になれるのか?

相続について、配偶者は自動的に相続人に
なれます。


ではその「配偶者」には事実婚や内縁関係
の場合は含まれるのか?
答えは含まれません。


よって、事実婚や内縁関係の場合、
どちらも相手の財産を相続によって当然に
引き継ぐことができません


内縁の夫・妻には相続権は発生しないの
です。
法律上の要件を満たさない限り、内縁関係
が何年続こうとも、相続権は発生しない
ことに注意が必要です。


事実婚の一方当事者に財産を渡したい場合はどうするか?

内縁関係にあった一方当事者に財産を
渡したい場合、どのように対応すれば
いいのか?


答えは「遺言」を書くことで、一方当事者
に財産を渡すことができます。


当然遺留分の対象にはなりますが、
遺言を書くことで、ある程度の財産は
内縁関係の一方当事者に行くことが
できます。


もしくは「生前贈与」で相手方に財産を
渡すという方法も考えられます。


ただ、事実婚の夫婦は、相続税や贈与税の
配偶者に対する特例等が適用できないため、
相続や贈与が発生した際は、通常より多く
の税金を納めなければなりません
ので
注意です。


事実婚の子供の相続はどうなるのか?

事実婚や内縁関係の間に生まれた子供は
法律上どうなるのでしょうか?


まず、妻側の相続については子供は
相続権は発生します。
内縁関係の間に生まれた子供は母方の
戸籍に入ります。


なので、母がなくなったときは、その子供
には相続権は発生します。


内縁関係にあった母が亡くなった場合、
相続人になるのは子供だけになりますし、
仮に遺言で内縁の夫に財産を相続させるに
しても、子供には遺留分権利者になること
が出来るのです。


一方、内縁の夫と子供との間には、
相続権はないため、夫が認知をしなければ、
当然にその子供には財産がいきません。


内縁関係や事実婚の場合にはその間に
生まれてきた子供に対して配慮が必要に
なります。

まとめ

家族の関係が多様化している世の中で、
これから法律上の婚姻関係をあえてしない
家庭も増えてくるでしょう。


そうなった場合の相続の対応について、
これから議論の余地はあるでしょう。


「民事信託」なども視野に入れるなど
事実婚の相続は厄介な問題になると
認識することも大事です。


今回は
『相続 事実婚の場合は相手に財産を
引き継げないのか?』

に関する内容でした。


お知らせ

下記内容のDVD・CDが発売されました。
企業法務に携わる先生方にオススメです!
(9月の最新ベストランキング第2位に
なりました!)

平成27・28年施行 改正会社法・商業登記規則 役員変更登記の注意点

参考書籍

理想・希望通りの財産管理を実現する! カップルのための「親愛信託」

松尾 陽子 日本法令 2017-11-01
売り上げランキング : 297105

by ヨメレバ


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を経営
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道・ランニングです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします