相続問題 家族の多様化で様々な問題が・・・江戸川区葛西の司法書士・行政書士が解説します

相続問題 家族の多様化で様々な問題が・・・江戸川区葛西の司法書士・行政書士が解説します

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

「相続、自分のところは問題ない」

そう思っているあなた!

実は財産ばかりではなく、最近の家族の多様化も相続で大きな問題になっています。

今回は、家族の多様化でややこしくなっている相続の問題について解説します。

相続問題 家族の多様化で様々な問題が・・・

離婚の増加で思わぬ人が相続人に・・・

最近は離婚が増加して、家族関係が複雑になっています。

前婚で子供がいて、そのことを気づかずに遺産分割協議をしたとか、遺言書を書くと後々トラブルのもとになります。

相続開始後に気づくとほぼ手遅れです。

あなたの相続人は誰なのかはあなた自身しか知らないこともあるのです。

ここで包み隠してしまうと、残された相続人に迷惑がかかってしまいます。

墓場まで持っていきたい気持ちはわかりますが、残された相続人のことを考えて早めに相続対策を講じるべきです。

遺留分制度がさらに相続をややこしくしている

日本には、相続人の生活のことを配慮して遺留分制度があります。

これを契機に相続のトラブルが発生していることが実に多いのです。

遺言を書くにしても、遺留分に配慮しなければなりませんし、先の離婚の際の子供のことなど、色々考えないといけません。

今度の相続税改正でも遺留分については大きく変わりましたが、遺留分制度そのものはなくなっていません。

家族関係が複雑化していく中で遺留分をどう考えるか、これも相続開始前に考えないといけない問題です。

相続人以外の人に財産を渡したいが・・・

自分の子供に財産を渡したくない・・・

そのように思っている方もいるでしょう。

そうなると、遺言で財産を誰に渡したいか記載しておく必要があります。

ただ、先程も書きましたが、遺留分の問題もあるので十分注意してください。

自分の相続人が兄弟姉妹のみの場合は、遺留分の問題は発生しないので、この場合は遺言でしっかりケアしておくことが重要です。

見ず知らずの人に渡すくらいなら寄付したい、その思いが強い方は、ぜひ遺言を活用することを考えてください。

まとめ

家族関係の複雑化により、相続問題も複雑化していています。

争いになるのは、相続開始前にきちんと対策を講じてこなかったから。

自分の死後のことなど後ろ向きのことを考えたくない方も多いです。

しかし、残された相続人のことを考え、早めの相続対策をすることがお互いハッピーになります。

今回は
『相続問題 家族の多様化で様々な問題が・・・江戸川区葛西の司法書士・行政書士が解説します』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

相続に関するブログはこちら

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告