相続で大事なこと!被相続人と相続人との信頼関係を築けるか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

「相続、自分のところは問題ない」
そう思っているあなた!


実は相続の問題は財産の多さ少なさに
関わらず発生しています。


いちばん大事なのは、被相続人と相続人との
信頼関係を築けるかどうかです。

相続で大事なこと!被相続人と相続人との信頼関係を築けるか?


年配の人は相続のことを考えない・・・

こういうことを書くと失礼にあたり申し訳
ないですが、自分が亡くなった際に、
財産とか自分の身の回りのことを考えない
年配の方が多いです。


今でさえ、公正証書遺言の事件数が年間10
万件を超え、自分の亡くなったあとのことを
考える人は増えてきましたが、まだまだ浸透
していないのが実情です。


結局、自分が亡くなったあと揉めてしまう
ことなど思いもよらないのでしょう。


自分の死後の後のことを考えることに
まだ抵抗のある方が多いと思われます。


相続問題で真剣に考えているのは「相続人」

相続問題で真剣に考えているのは、むしろ
相続人の立場の方がです。


周りで相続問題が発生し大変な姿を見て、
自分でも起きないか心配になる子供世代が
多いのです。


でも、そのことを親にいっても聞く耳を
持たないという方が多いのも事実。


なので、相続対策が後手にまわり、
いざという時に相続問題が発生するという
流れになるのです


意外と親は相続問題について疎い部分が
あるのかもしれません(失礼かも
しれませんが・・・)


相続対策で今からできることは何か?

私は、親と子(被相続人と相続人)間の
信頼関係を日頃から築くことから始める
必要があるのではないかと思っています。


相続は法律では単独行為で、相続開始後
財産や債務の全てを相続人が引き継ぐこと
になっています。


しかし、私は、法律では自動的に財産など
は相続人に流れていきますが、一種の契約
とも思えるのです。


お互い信頼してはじめて相続というのが
成り立つ、相続問題は起きにくくなるのでは
ないか。


なので、事前にお互い相談して話し合って
どうするかを決めておき、相続開始したとき
に契約が成立し、財産とかが決められた内容
で移転すると考えています。


つまり、相続開始時にどれだけお互いのこと
を理解しているかで、相続問題はややこしく
ならないような気がしているのです。

まとめ

最近財産が少ない方でも相続問題が発生して
います。


自分は大丈夫だろうと思っている親世代の
あなた、そして子供世代のあなた。


相続問題が発生すると、誰もが苦労して
疲弊してしまいます。


そうならないためにも、日頃から信頼関係を
構築することが相続対策では重要です。


今回は
『相続で大事なこと!被相続人と相続人との
信頼関係を築けるか?』

に関する内容でした。


参考書籍

身内の相続で揉(も)めない悔(く)やまない50の処方箋

矢野敬之,金子明真,中山学史 中央経済社 2017-05-31
売り上げランキング : 327577

by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須