資格試験 超直前期ほど点を取る勉強に意識を 「合否を分ける〇〇」より大事!江戸川区葛西の司法書士行政書士が書きます!

資格試験 超直前期ほど点を取る勉強に意識を 「合否を分ける〇〇」より大事!江戸川区葛西の司法書士行政書士が書きます!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

社会人受験生の場合、試験直前まであまり時間がなくて焦っている方も多いです。

こういうときだからこそ重要な勉強法があります。

このブログを御覧になっている方の参考になれば幸いです。

資格試験 超直前期ほど点を取る勉強に意識を 「合否を分ける〇〇」より大事!

「合否を分ける〇〇」ってあまり意味がない

結局、資格試験の勉強は、合格点を取れば合格できます。

合格点を取れるかどうかというのは、合格者なら誰もが落とさない問題で点数を積み重ねていけるかどうか。

あとは、未知の問題が出てきたときに、今までインプットしてきたことを駆使して答えを導けるかどうか、ある意味事務処理能力が問われます。

実務につくと、分からない事が結構出てきます。

その時に色々調べますが、どこから検討をつけるかは似たような制度を調べてそこから目星をつけていきます。

なので、今まで出題されていない問題が出たら、今までの基礎力を駆使して勉強していくことが重要になります。

なので、個人的には「合否を分ける〇〇」とかの類はあまり意味がないと思っています。

超直前期だからこそ繰り返しの勉強が重要

試験会場に持っていける知識というのはあまり多くありません。

また、不安を抱えながら試験会場に行く人も多いです。

そんな緊張している中での本試験で一番頼りになるのは今までやってきたことを信じきれるかどうか。

そうなると、繰り返し勉強して、知識をより強固のものにしたほうがいいです。

新しい問題が出たらどうしよう、受験生なら誰もが思う不安です。

しかし、その不安はどの受験生でも持っているもの。

むしろこの試験にかけている人ほど、不安は大きいです。

なので、自分を信じることが出来るメンタルを持ち合わせることが重要になります。

超直前期だからこそ点数を取る勉強に意識を!

先程も書きましたが、超直前期は点を取ることを意識した勉強をしてください。

といっても新しいことに手を出すのではなく、今までやってきたことを繰り返ししつこくやってください。

繰り返しやることが知識の結びつきを強くして、本番で応用力が効く力を身につけることができます。

この時期ほど予備校の講座が魅力的と感じる方もいるでしょうが、自分の勉強ペースに合わせるべきです。

むしろ、この時期の過ごし方が合否に影響が出ることを意識してください。

点を取る勉強法とは、過去問を使って、どうやったら答えを導けれるのか、自分なりの解答方法を模索することです。

少ない知識をどう活用するか、年度別の過去問を用いて、解いてみるのです。

そして、自分にとってどのような解き方ならば点を取りやすいのか戦略を練るのです。

「合否を分ける〇〇」より点をとる戦略を立てるほうが時間のない社会人受験生にとっては大事です。

まとめ

この時期は、色々情報が錯綜して不安に陥ることが多いです。

不安を除去したいから、的外れの勉強をしてしまうこともあります。

まずは1点をもぎ取るにはどうするか戦略をじっくり立ててください。

今回は
『資格試験 超直前期ほど点を取る勉強に意識を 「合否を分ける〇〇」より大事!江戸川区葛西の司法書士行政書士が書きます!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

参考動画

参考書籍

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告