難関資格試験 範囲が広い資格試験の場合は絞り込みも重要 「捨てる勉強」とは 司法書士試験6回受験した私が解説

難関資格試験 範囲が広い資格試験の場合は絞り込みも重要 「捨てる勉強」とは 司法書士試験6回受験した私が解説

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

難関資格試験を目指して勉強しているあなたへ。

資格試験の勉強法としては繰り返すやることが知識を吸収させるために重要。

なので、ある程度の絞り込み、「捨てる勉強」も必要です。

「捨てる勉強法」という本もありますが、自分なりのどうやって絞り込みをするのか、なぜ絞り込むことが大事なのかを書きます。

難関資格試験 範囲が広い資格試験の場合は絞り込みも重要 「捨てる勉強」とは?

範囲を広げすぎると知識が散漫する

予備校の答案練習会とか一部の講師で、予想を狙ってか奇をてらう論点をしきりにやりたがることをします。

確かに仮に論点が出た場合に、予備校や講師の実績になるので、その気もちもわかります。

しかし、実際重要なのは、各種資格試験の論点は過去問を基礎に作っていること。

試験委員は今まで出てきた過去問をもとに問題を作っているはずで、範囲外の問題は数題は毎年出題されます。

そればかり受験生は追っかけてしまい、合格レベルにある人が得点できる問題で落とすほうがよほど問題です。

範囲は、過去問のレベルで間に合いますし、仮に過去問範囲外の問題がでても、法的知識は勉強途中で身につけているはずなので、法律の趣旨をもとに答えられることもあるのです。

なので、いたずらに範囲外の勉強をするのはリスクがあることを受験生はおさえてください。

過去問とテキストの範囲だけで合格した自分 短期合格者の真似をした

私は受験生当時は司法書士補助者として働いていました。

なので、多くの勉強時間を割くことができません。

そこで、私はテキストと過去問に絞り、かなり何度も回して勉強していました。

答案練習会の点数が悪くても気にせず、とにかくテキストと過去問を繰り返すことを意識しました。

確かにそれ以外のものを捨てるのは勇気がいることですが、逆にこれだけやっていれば落ちないということを言い聞かせていました。

逆に、同じテキスト過去問を使っているのに受かる人と落ちる人がいるというのも気にかけていました。

なので、このテキストは実績があるのだから繰り返し反復演習すれば受かるという強い思いもしていました。

その結果合格できたので、私の勉強法は間違いなかったと断言できます。

実は4回目に落ちたときに、司法書士試験に短期で合格した方のお話を聞いて、これでやってみようと思ったのが「テキスト・過去問絞り込み勉強法」でした。

情報多寡の時代だからこそ範囲を絞った捨てる勉強は大事

今の受験生は情報多寡でネットをみると様々な情報が飛び交っています。

しかし、試験に受かるための勉強は、ある程度決まってきています。

最大公約数的に書くと、繰り返しやることと過去問を完璧に丁寧にこなすことが合格するための第一歩だということ。

長期受験者ほど、完璧主義に走りがちで、満点を取らないといけないなどと思いがち。

むしろ長期受験者ほど短期合格者の勉強方法を真似てほしいのです。

実力は長期受験生のほうが上なのになぜか本試験となると逆転するということが往々にして起こるのです。

まとめ

情報が溢れている時代だからこそ予備校や講師だけの情報を鵜呑みにするのではなく、過去問やテキストを丁寧に見直すことが大事だと。

本当に合格に必要な情報を抜き取ることがこれからの時代必要なのかも知れません。

それが勉強を効率的にすすめることができる第一歩です。

今回は
『難関資格試験 範囲が広い資格試験の場合は絞り込みも重要 「捨てる勉強」とは 司法書士試験6回受験した私が解説』
に関する内容でした。

参考動画

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

参考書籍

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告