取締役を増やしたい場合、どのような手続きをすればいいですか?【司法書士の企業法務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


前回の企業法務日記で、代表取締役の
選び方は2通りあるということを
書きました。


今回は、取締役を増やす場合に、どのような
手続きが必要かを書きます。


なお、今回の対象は取締役会を
置かない会社
を想定しています。

 

取締役を増やしたいときはどういう手続をすればいいの?


「自分だけの会社に新たに取締役をいれる
ことにした。どのように決めたらいいです
か?」


経営者から質問がありました。


取締役を新たに選任する場合、株主総会の
決議
が必要です。


決議方法としては、普通決議で決めること
ができます。


ただ、普通決議でも、ちょっと特殊です。


普通決議の決議方法は、
議決権を有する株式の過半数が出席し
(定足数)、出席した議決権の過半数の
賛成があれば、決議が成立します。


ただ、定款で、定足数を排除することが
可能です。


多くの会社では、普通決議に関しては、
定款で、定足数を排除しています。


ところが、役員の選任については、
完全に定足数を排除することができません。


普通決議と言っても、役員選任は会社に
とって、重要なことだからです。


そこで、定足数については、議決権を
有する株式の3分の1が出席
しないと
いけません。
 

登記の添付書面の注意点は?


登記に必要な書類は以下のとおりです

 

  • 株主総会議事録
  • 就任承諾書
  • 印鑑証明書
  • 司法書士に登記申請の委任する場合は委任状


株主総会議事録について


取締役を選任した旨の内容を記載します。


その際、取締役の氏名を書くのは当然
ですが、取締役の住所も記載しておくこと
をおすすめします。


住所の記載については賛否があり、
就任承諾書のところで説明します。


また、株主総会議事録で援用する場合、
就任承諾書に押印する新しい取締役の実印
は議事録に押印しなければなりません。


個人的には、新しい取締役選任については
その方の意思をはっきりさせるため、
別途就任承諾書を用意
したほうがいいと
思います


就任承諾書について


就任承諾書については新しい取締役の
氏名・住所を記載する必要があります。


住所を記載するか否かについてですが、
東京法務局管轄では、住所も記載する
扱いになっているようです。


商業登記規則の観点からだと住所記載は
いらないのではないかともいわれています
が、今のところ住所は記載しておいた
ほうが無難です。


さらに、就任承諾の意思を明確にする
ため、個人実印を押印
します。


就任承諾書については、株主総会議事録に
新しく選ばれた取締役が席上即時就任承諾
したという意思が表記されていれば、
就任承諾書の添付は省略可能です。


ただし、援用する際の注意点は上記の
とおりです。
 

印鑑証明書について


就任承諾書には実印を押印し、
印鑑証明書を添付します。


市区町村で発行してもらう印鑑証明書を
添付しますが、発行後3か月以内のもの
用意してください。


本人確認証明書について


取締役就任に関しては、運転免許証や
住民票などの本人確認証明書が必要になり
ました。


ただ、取締役会非設置会社の場合、
印鑑証明書を添付しますので、別途
本人確認証明書の添付は不要です。

meeting-room-730679_1920

まとめ


今回の記事のまとめです。

  • 新しい取締役の選任は株主総会で行う
  • 取締役選任の株主総会の決議は定足数がある
  • 就任承諾書には実印を押印し、印鑑証明書を添付する
  • 就任承諾書に住所を記載するかについては記載したほうが無難


以上です。


参考書籍
 

ケース別 株式会社・有限会社の役員変更登記の手続

永渕 圭一 日本法令 2015-08-22
売り上げランキング : 143202

by ヨメレバ
商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 10603

by ヨメレバ

お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。
 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

  

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ