資格試験予備校、どこを選べばいいのですか?

自分の相性で予備校を決める

「合格したらこの資格を活かして
キャリアアップしたい。」

「早く受かるには、どこか予備校に
行ったほうがいいのか?」

 

ちょうど今の時期
秋から資格試験を勉強しようとしている方の
入学シーズンに当たります。

どこか予備校に通ったほうがいいのか
迷われている方もいるでしょう。
 

正直、早めに受かりたいのであれば
予備校に通う方がいいでしょう。

正直どこの予備校でも、
合格のために必要なことは教えてくれる
でしょう。


後は、自分との相性で決めるのが
一番だと思います。

これとともに

本当に自分はこの資格を
人生で役立てたいのか

を真剣に考えるべきでしょう。

 

予備校を受け身で使うのでなく使い倒す!


これは私が今思うことの一つですが、

受け身でいる受験生は受かるのに
時間がかかるのではないか

ということです。


結局、

講師のいわれたことを素直に聞き、
分からなければ質問をする


その当たり前のことができるかどうかで
合格できるか変わると思うのです。


後はじっくり腰を据えて受験勉強が
できるかどうかでしょう。

よく、予備校批判とか
講師批判している受験生を見ますが、
大体そういう方は受験生活が長いですね・・・

 

まとめ

これを書いていた時
ふと、自分自身の受験時代を
思い出しました。


予備校選びは慎重に。

自分のことなのだから安易な選び方は
するべきではないと思います。


各予備校のパンフレットには
いいことばかりどうしても
目に行きがちです。


実際に予備校のガイダンスなどに
足を運び、肌で感じることも大事です。


何箇所かいくことになろうかと思います。

ここだという直感が働けば、
ここにしたほうがいいかもしれません。


逆に

何度運んで魅力がない場合は、
しばらくは資格試験自体放っておく
勇気も必要です。


あなたにとって大事なことなので
また魅力を感じたら始めればいいだけの
ことですから・・・

まず
悩んでいるのであれば、行動する。

そして考える材料を得てくる。


自分が今やるべきなのか、
やるとするならば、直感で動く。

 

これが予備校選び
資格試験を目指すかどうか
考える際に大事なことだと思うのですが、
いかがでしょうか?

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ