マイナンバー制度を理解していますか?【会社設立アドバイザーの日記】

マイナンバー制度の概要は?


マイナンバー制度が始まってから、
1か月以上が経過しています。


様々な問題がニュースでも出ていますね。


ところで、マイナンバー制度は
個人と法人で扱いが異なります。


個人のマイナンバー制度 通知カードと個人番号カード


個人については
12桁の個人番号が通知されます。

この番号は一生使うもので、
一度付されてしまうと変更できません。


だから
個人番号を漏らすと大変なことに
なります。


そういうことがあるので、

「個人番号を持ちたくない」
「マイナンバー制度反対」

という声が出ているのです。


さて、通知方法ですが、
個人については、

通知カードが住民票に
記載されている住所に届きます。


なお、このブログを書いている時には
私のところには通知カードは届いていません。


ちなみに通知カードには

  • 「氏名」
  • 「住所」
  • 「生年月日」
  • 「性別」
  • 「個人番号」

などが記載されます。

通知カードは全員に通知されます。


一方個人番号カード

上記通知カードに記載されるもの
のほか、「本人の写真」が表示されます。


通知カードと違い、
希望者のみ、平成28年1月以降、
個人番号カードは市区町村役場で
交付されます。


個人番号カードを発行したい際は
通知カードは返納を求められるようです。

 

法人のマイナンバー制度は?

一方、法人については
法人番号が指定され、
13桁の番号が付されます。


個人番号と違うところは、

誰でも自由に利用することができる

ことです。


13桁の番号については
会社法人等番号に1桁の検査用数字を
付したものになります。
 

法人番号については
会社本店所在地に
通知書が送付される方法で
行われています。


既に通知書が届いている会社等も
あるでしょう。


ちなみに法人については

  • 「商号又は名称」
  • 「本店又は主たる事務所の所在地」
  • 「法人番号」

がインターネットで公表されています。


これだけ書いたら結構なボリュームに
なりました。

次回はマイナンバー制度が
役員変更に与える影響について
書きます。


今回のブログは
登記情報648号
「マイナンバーと司法書士業務への影響」
の論文を参考にさせていただきました。


以下の本も役に立つと思います。

大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度

青木 丈 講談社 2015-08-26
売り上げランキング : 1200

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ