ひとり株式会社の設立 登記完了までにどのくらい時間がかかるのか?

ひとり株式会社の設立 登記完了までにどのくらい時間がかかるのか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

個人事業主としてやってきたのですが、ひとり株式会社を設立して法人化をしたいです。

ある程度の内容は決まっているのですが、設立までにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

この手の質問は、会社設立したい方から多く寄せられます。

今回は前にも書きましたが、会社設立は時間的にどれだけかかるのか、私見を交えて紹介します。

ひとり株式会社の設立 登記完了までにどのくらい時間がかかるのか?

設立登記申請から登記完了までの日数は?

全体の会社設立の日数を知るまでに、登記申請から登記が完了するまでにどのくらい時間がかかるかから紹介します。

最近、会社設立登記については、法務局でも優先して登記申請処理をしてくれます。

だいたい登記申請してから3営業日くらいで現状は終わっている印象です。

なので、まずは会社設立登記に向けての準備が重要になります。

準備さえ出来ていれば手続はスムーズに行く

株式会社設立で、一番の肝になるのは、定款の作成。

定款は会社設立でいちばん大事なところで、会社経営を左右するもの。

会社の運営に関する決まりを定めるもので「会社の根本規則」「会社の憲法」ともいわれています。

なので、これから会社を作りたいと思っている方は、定款作成に注力すべきです。

とはいっても、何もないところで定款作成も難しいところ。

そのあたりは、自分でネットで調べるか、司法書士に相談いただければ、あなたの会社にあわせた定款作成をします。

特に創業融資や許認可(ひとり株式会社だと古物商とかが多いかも)を視野に入れている方は、目的の記載などは重要になります。

自分でもできなくはないですが、調べる時間はかかってしまいます。

あまり時間をかけたくない方は、専門家である司法書士に依頼してください。

自分の行いたいことが決まれば設立手続はスピーディーに進められる

ある程度の定款案ができて、準備さえ出来ていれば、思い立ったときから登記が完了するまでは2週間くらいでできます。

定款認証の公証役場の予約次第にもなりますが、目安は2週間から1ヶ月くらいで会社設立はできると思っていいでしょう。

なので、まずは法人化したいと思ったらどんな会社にしたいのか、どんな事業をするのか、商号はどうするのかを早い段階で決めることが会社設立をスピーディーにすすめるコツとなります。

まとめ

会社設立は思い立ったら現行の法律ではすぐにできてしまいます。

なので、ある程度会社設立については準備が重要で、準備ができていれば2週間でできます。

まず個人事業主から法人化したい場合はいつのタイミングで法人にするのかを考えて逆算して動いてください。

今回は
『ひとり株式会社の設立 登記完了までにどのくらい時間がかかるのか?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

ひとり会社の企業法務に関するブログはこちらから

参考書籍

第4版 会社法定款事例集ー定款の作成及び認証、定款変更の実務詳解ー

田村洋三/土井万二 日本加除出版 2021年04月01日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告