司法書士実務書 受験生は読むべきか?

司法書士実務書 受験生は読むべきか?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

7月下旬から8月上旬にかけて、司法書士の実務でよく使われる本の改訂版が発売になりました。

法務局の職員も読んでいるそうで、実務では多大な影響を与えている本です。

ところで、このような実務書を、司法書士の受験生は読むべきなのでしょうか。

そのことを紹介していきます。

司法書士実務書 受験生は読むべきか?

実務で支持されている本が発売されました!

今回紹介させていただくのは「商業登記ハンドブック第4版」。

第3版でも、増刷されるときに多少記述が増えていましたが、今回は、改訂版として登場しました。

令和3年3月1日会社法改正と2月15日の商業登記法の改正を加味し、アップデートされた最新版です。

ページ数も増加しており、実務ではおそらく多くの方が参考にされるでしょう。

私もサラッと見ましたが、やはり、商業登記に関してはバイブルと言える本ではないでしょうか。

司法書士受験生は実務書を読むべきか?

そこで問題になってくるのは、司法書士試験も商業登記や会社法が出題されるので、このような実務書を受験生が読むべきかという問題。

結論から言うと、司法書士受験生は実務書を読むべきではありません

実務書を読むくらいなら、今まで使っていたテキストや過去問集、条文を丹念に読んだほうが効率的です。

商業登記ハンドブックは600ページ弱もあり、さらには試験と関係ない部分も多く含まれます。

勉強の効率面から考えても、読むべきではないですし、逆に読む時間はありません。

基本、司法書士受験生の場合は、昨今は試験対策本も書店で並ぶようになったので、独学の方もこの本と過去問集と条文をしっかりやればいいです。

独学で実務書からスタートするのは、長期受験生への道の第一歩です。

実務書を読むくらいなら「法学入門」を読むべし

法律の根底、軸となるものとして「法学」があります。

司法書士試験では出題されませんが、法律の運用、条文の解釈の方法など、法律の軸となる内容が学べるものです。

法学部法律学科に入ると「法学」は一応必須科目となっています。

もしどうしても、実務書を読みたいのであれば「法学入門」とかそういう類の書籍を読むといいでしょう。

法律の全体像を理解することができ、暗記一辺倒での無意味な勉強を避けることは可能です。

とはいっても、時間のない方は別に「法学入門」とか、基礎講座の最初の段階のテキストを読み返すくらいで構いません。

まとめ

司法書士受験生が、実務書を読む暇があったら、過去問集と条文、テキストをしっかり読み込むほうが勉強効率面ではいいです。

やはり、試験に合格することが大きな目標のため、そのために非効率的な勉強はするべきではありません。

今回は
『司法書士実務書 受験生は読むべきか?』
に関する内容でした。

参考動画

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するブログはこちらから

参考書籍

商業登記ハンドブック〔第4版〕

松井 信憲 商事法務 2021年07月30日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ
法学入門

宍戸 常寿/石川 博康 有斐閣 2021年04月26日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ