自己啓発のための勉強術 資格試験では勉強以外で重要なものとは?

自己啓発のための勉強術 資格試験では勉強以外で重要なものとは?

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

資格試験。

自己啓発のために受験するか、昇進のために受験するか人それぞれ。

いつまでに受かる必要があるのかも人それぞれでしょう。

資格試験合格を目指すに当たり、勉強だけでは合格は難しいです。

特に難関資格試験であればあるほどその傾向が強いです。

今回は、資格試験で勉強以外に重要なものとは何かを書いていきます。

自己啓発のための勉強術 資格試験では勉強以外で重要なものとは?

勉強は重要だが他にも必要なものがある

資格試験合格のためには、合格点を取らないといけません。

そのための勉強は必須。

当然勉強しないと受からないことはお分かりいただけているでしょう。

しかし、勉強だけでなく、他にも必要となってくるものがあります。

それは、モチベーションと勉強時間の確保です。

モチベーション維持 なぜ必要なのか?

短期間の勉強で取得できる資格試験の場合は、モチベーションのところまでは考えなくてもいいでしょう。

しかし、合格までに数年かかってしまう資格試験の場合は、モチベーション維持が非常に重要になります。

勉強ばかりしていると、なぜ勉強しているのだろうとふと考えてしまい、合格したい気持ちがだんだん薄くなってきます。

なので、この資格を取得してどうしていきたいのか、そもそも資格取得の目的は何かを常に念頭において勉強する必要があります。

モチベーションが減ってしまうと、勉強意欲が削ぎ取られてしまいます。

時間確保 時間が取れないと資格試験の勉強をやめる傾向に

一番資格試験で脱落しやすい要因は、勉強時間の確保が難しいこと。

特に予備校に通っている人は、1回でも授業を欠席して、次の授業までに前回分の講義を聞かないと、それだけで勉強意欲を失ってしまいます。

どうしても、予備校を通学で通っている方は、1回の授業を聞かないと、次の授業のことは分からなくなってきます。

また、分からない状態がずっと続いてしまうと、さらに勉強意欲が下がってきてしまいます。

難関資格試験を目指している方は、まずは勉強を始める前にどれだけ時間を確保できるかを確認することをオススメします。

まとめ

勉強をがむしゃらにやれば合格はできません。

やはりモチベーションの維持と時間の使い方、それが合格に必要なものとなります。

モチベーション維持とかは意外と難しい側面もあるので、ぜひ自分がなぜ勉強を始めたのかはしっかり覚えておきましょう。

今回は
『自己啓発のための勉強術 資格試験では勉強以外で重要なものとは?』
に関する内容でした。

参考動画

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するものはこちらから

参考書籍

やめる時間術

尾石晴(ワーママはる) 実業之日本社 2021年01月18日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ