自己啓発のための勉強術 資格試験の日程、合格までの勉強時間を考える

自己啓発のための勉強術 資格試験の日程、合格までの勉強時間を考える

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

資格試験。

自己啓発のために受験するか、昇進のために受験するか人それぞれ。

いつまでに受かる必要があるのかも人それぞれでしょう。

難関資格試験であればそれなりに時間がかかります。

では、合格までの道のり、どうすればいいのかを私の体験談をもとに紹介します。

自己啓発のための勉強術 資格試験の日程、合格までの勉強時間を考える

資格試験 試験日はいつかを知る

各国家資格試験であれば、試験日はいつか知ることが重要。

年に1回のみか、3回あるかで、勉強の対応の仕方が変わってきます。

また、資格試験の中には、筆記試験・口述試験と分かれているものもあったりします。

いずれにしても試験の概要と試験日を知ることが、資格試験取得のためのスタートだと知ってください。

試験合格までどのくらいの時間がかかるのかを知る

意外と資格試験勉強する方で調べていないことは、自分の目指す資格試験、合格までにどのくらい時間がかかるのかということ。

大体、大まかな勉強時間を知っておくことで、自分が1日に使うべき勉強時間を知ることができ、目安にもなります。

また、ある程度その資格試験の知識がある方は、勉強時間の短縮を図ることも可能です。

簡単な資格試験であれば、合格までに1ヶ月とかでも受かることがあります。

ただ、難関資格試験であれば年単位で考える必要もあり、そうなるとあなたの資格試験に対するモチベーションの問題も出てきます。

合格までに時間がかかり、しかも資格勉強する意義が明確でないとモチベーションが下がり、勉強意欲もなくしてしまいます。

いきなり難しい資格試験を目指すのではなく手軽な資格試験からスタート

法律の勉強を全く始めたことがない方が、いきなり司法試験なり司法書士試験を目指すのは結構しんどいです。

なので、まずは宅建士の試験や行政書士試験を目指すのも一つの方法。

そこで法律の勉強が好きになったら、司法試験なり司法書士試験にステップアップするのもありです。

会計系の資格であれば、まずは日商簿記3級辺りからスタートし、日商簿記2級とステップアップし、税理士や公認会計士を目指していくといいでしょう。

まずは手軽な資格から徐々に難関資格試験にステップアップしたほうが実は遠回りだと思われますがすんなり難関資格に入りやすいということがあります。

ただし、簡単な資格から難関資格試験にステップアップする場合、例えば民法とかは試験範囲も変わってくるので、初めから受け直すくらいの柔軟さは必要です。

知っていることであっても、余計な知識がかえって邪魔になることもあります。

共通科目についてはすでに勉強したからといって油断せず、基礎をしっかり固めていきましょう。

まとめ

今回のまとめとしては、まずは各種資格試験の試験日を知ること、勉強時間はどのくらいか知ることが大事です。

場合によっては、いきなり難関資格試験を目指すのではなく、手軽な資格から自信をつけていき難関資格試験にステップアップする道もあることを知っておくといいです。

今回は
『資格試験 テキストの選び方はどうすればいいか?』
に関する内容でした。

参考動画

YouTubeのチャンネルはこちら(チャンネル登録よろしくお願いします)

あわせて読みたい

資格試験に関するものはこちらから

参考書籍

資格試験に忙しくても受かる人といつも落ちる人の勉強法

鬼頭政人 大和書房 2016年10月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ