離婚するなら相続のことを考える!【会社設立アドバイザーの業務日誌】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士桐ケ谷淳一です。

a0002_011008

離婚するなら相続のことを考える!

相続は「ココロ」の問題。

特に家族問題が相続にも影響を与えます。

実際、相続が開始し、離婚が絡む案件で難しいことに直面している例を私も見ています。


離婚がもたらす相続の問題とは?

現在、日本で3組に1組の割合で離婚しているとのこと。

世界から見たらそんなに高くありませんが、ここ近年離婚できる環境が高まった気がします。

となると、それに伴い、離婚が絡む相続の問題も今後は多く出てくると思うのです。


事例で考えてみる

どんなケースが考えられるか、事例で考えてみましょう。

最初の結婚で子供が生まれた。

その後、事情があり、離婚した。
子供は相手に引き取ってもらった。
その後は全く連絡せず。

その後、再婚してさらに子供が生まれた。

全然最初の子供に連絡しないまま、亡くなった。

相続開始に辺り、戸籍を取得してみたら、前の結婚の際に子供がいたことが判明した、全然会ったこともないし・・・

このような例が離婚が増えている昨今、多く発生しそうな気がするのです。

そうなると、遺産分割協議はうまくまとまらず、ずっと相続できない状態が続いてしまうことも起きるのです。


離婚するからには遺言書を用意する

残された方が困らないように、何らかの事情で離婚される場合は、遺言書を作成しておくべきです。

遺言書に抵抗があるのであれば、自筆証書遺言でもいいでしょう。

残された方々の気持ちになって遺言を書くことが大切ではないでしょうか。

遺留分の問題とかも出てきますが、そこも考慮して考えて遺言書を作成すべきでしょう。

誰が相続人になるかはまた改めて書きます。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ