ひとり株式会社と相続 会社設立時からこれを知らないと相続人は困ります!

ひとり株式会社と相続 会社設立時からこれを知らないと相続人は困ります!

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

以前、会社の出口について書きました。

ひとり会社であっても株式会社の場合は相続の対象となります。

相続の対象は何になるのかを知っておくことが会社を運営していく上で重要です。

ひとり会社と相続 これを知らないと相続人は困ります!

何か会社の相続となるのか?

株式会社の場合、どういうものが相続の対象となるのでしょうか。

まずは会社の株式。

ひとり会社の場合、経営者が100%株式を持っているため、その株式が相続の対象となります。

会社の株式は時価で評価するので、会社の価値が高いほど、1株あたりの金額は高くなります。

たいして価値がないと思っていても、相続開始時には、意外と高くなっているということは往々にしてあります。

なので、常に1株あたりの金額は常に意識しておくことが重要です。

それを知らないままでいると、相続開始時にあまり価値がない会社だと思っていると、実は相当な資産となって、相続税の対象になるということもあるのです。

もう一つ重要なのは、社長であるあなたが会社に対して貸付していた場合。

つまり、会社はあなたに対して返済していかないといけないことになります。

これを放置して、貸付金のまま帳簿に残しておくと、相続開始時に面倒な問題が起こります。

相続が開始すると、経営者の貸付金が債権となり、相続財産として算出されてしまいます。

お金がないのにプラス財産とされてしまうため、相続税の財産算出の基礎とされてしまい、相続人にとってはいい迷惑となります。

ひとり会社であっても、会社の相続は結構あるのです。

会社の引き継ぎはどうするのか?

代表取締役兼取締役として登記されている被相続人は、死亡の旨の登記をしなければなりません。

会社としては後任者を選ばないといけませんが、そのときは、誰か株式を単独で所有していない限り、相続人全員で役員を選任しなければなりません。

なので、相続人間で争いがあると、会社は何もできないままになってしまい、機能不全となります。

こうなると、取引先などにも迷惑がかかり信用問題にも繋がります。

できれば、生前に事業承継するなり、会社を売却もしくは清算するなり、できることを自分の代のときに考えないと、相続人に迷惑がかかります。

意外とひとり会社の社長はそこまで考えていません。

会社設立時に将来どうするかは考える

会社設立するときに、出口戦略をしっかり見据える必要があります。

自分の会社を自分の代で終わらせるのか、誰かに引き継いでもらうかで、相続対策も講じる必要がでてきます。

あと、株式のこともあるため、遺言書も作成しておくとか、任意後見契約など、できることはしておくことが重要です。

まとめ

意外と気づかない「ひとり株式会社の相続」。

会社設立時の段階から将来を見据えて考えることが重要です。

今回は
『ひとり株式会社と相続 会社設立時からこれを知らないと相続人は困ります!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

相続に関するブログはこちらから

参考動画

参考書籍

〔不動産×会社活用〕 相続対策の方程式

清文社 2020年12月23日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告