【3分以内で読める会社設立ワンポイント】出資金を払い込む方法は?(その2)

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a1180_003716

前回は出資金を払い込む方法について書きました。

【3分以内で読める会社設立ワンポイント】出資金を払い込む方法は?(その1) | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)


今回は、「出資金を払い込むタイミング」です。

これを間違えると登記申請自体受けられないことになるので、注意が必要です。


出資金を払い込む流れを掴んでいきましょう

定款を作成
 ↓
定款を認証
 ↓
出資金の払込
 ↓
発起人の決議

まずはこの流れを押さえてください。

その上で、出資金はいつ払い込めばいいのか?

必ず定款認証が終わってから、発起人口座に払ってください。

自分一人が発起人であれば、定款認証が終わったあと、銀行に行って払込をしてください。

一度口座から出資金分をおろして、そのお金を入金すればいいです。

定款認証の日以降に入金の手続きをすれば問題ありません。
定款認証の前の日の入金はなるべく避けるべきです。


発起人が複数いるときは事前に打ち合わせる

今回は発起人が一人の場合の事例ですが、何人か発起人がいる場合は、きちんと打ち合わせをしてください。

定款認証をいつやるから、その日以降に口座に入れてほしいことを出資者(発起人)に告げておきます。

ちなみに、発起人が複数いるときは、発起人の代表者の方の口座にお金を入れます。

ただ、極力出資者がわかるように、振込で行うことをオススメします。

a0002_010815
まとめ

発起人が出資金を払い込むタイミング、

公証役場へいって定款を認証してもらってから

と覚えておいてください。

例外はありますが、ややこしくなるので、上記どおりに払込をしてください。

では、法務局に払い込んだことを証明するためにどうすればいいのか?

それは次回書きます。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金

須田 邦裕,出澤 秀二 日本実業出版社 2012-10-19
売り上げランキング : 50479

by ヨメレバ

Comments

comments