【会社設立アドバイザーの読書日記】「小さくて強い会社の作り方」を再読

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-03-19 20 55 53
あなたが「起業」する際、どのような事業でどんな「仕組み」を考えているだろうか?

以前私のブログで紹介した本「小さくて強い会社の作り方」

「小さくて強い会社の作り方」 | 司法書士行政書士の読書日記 | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

ちょっと気になることがあったので、改めて読んでみた。

今回はひとりビジネスに焦点をあてて、読書日記ブログを書いていく。


ひとりビジネスはどこに注意したらいいか?

自分のビジネスを構築し、新たなる事業をやっていきたい。

でも今までのビジネスも無駄にはしたくない。

そうなると、今まで培ったノウハウを弟子に教え、そこからフィーをとる

いわゆる協会ビジネスのスキームが紹介されている。

ひとりでビジネスをやるのは、自ずと限界が出てくる。

切り離せる部分は切り離すことは必要になってくる。

この本では、自分一人でビジネスを行う場合、どこに注意すべきかを書いてある。
これから事業を始めるあなたには必須事項である。

以前のブログにも書いたが、「仕組み化」を構築することが大事である。


出来る部分とできない部分を明確化する

ひとりでビジネスをする時、出来る部分とできない部分を明確にしなければならない。

できないことでストレスを抱えてしまうのはもったいないこと。

スモールビジネスの場合、できない部分を、他の誰かに依頼する必要がある。

その辺りもこの本では詳細に書かれている。

ひとりですべて抱えてしまうと身動きがとれなくなる。
しかし、仲間と提携することで、お互いの強み・弱みを補う。

今の時代そういうビジネススキームもあってもいいではないか。

この本を読んで強く感じた部分でもある。


今の時代は「小さい会社」を目指す?

一時期は売上を大きくしたければ、規模を大きくする必要があった。

しかし、今は、小さい会社でも売上が1億円とか出来る時代となった。

この本の著者も売上で1億円を言ったようである。

自分一人で売上を多くあげる仕組みを作るにはどうすればいいか?

この本では詳細に書かれているので参考にしてほしい。

また各種業種別のスキームも紹介してあるので、自分がやろうとしているビジネスに当てはめるといいだろう。

写真 2014-08-14 22 22 15
まとめ

最初のこの本の読書日記を書いたのは、平成26年8月14日。

その際は「仕組み」を構築することを中心に書いていった。

今回はひとりビジネスに焦点を当てて、再読してみた。

すると、面白い発見もあり、改めて、ビジネスの面白さを感じた次第だ。

会社をこれから作り、起業したい方はこの本は必読書である。


今回もご覧いただきありがとうございました。
ブログの感想を是非お寄せください。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ