ゼロから始めて確実に夢を叶える農業起業 | 読書日記 

著者の蓮見さんと記念撮影

 

今回紹介する本は、
「ゼロから始めて確実に夢を叶える農業起業」
(蓮見よしあき著)

これから農業を始めたいと思う方はもちろん、
農業以外にも起業を考えている方にも
お勧めできる本である。

 

農業起業でここまで書いていいの?

この本はワイナリーを経営し大学院生でもあり、
かつ市議会議員でもある蓮見よしあきさんが
書かれた本。

まず、読んで思ったのは、農家はやっぱり
大変であること。

天候にも左右され、自然との闘い
自分との戦いでもあるので、
経営が軌道に乗るまで本当に大変だったと
思う。

そのような奮闘記の部分も詳細に書かれている。

さらには農業起業んほノウハウ部分も
書かれている。

「本当にここまで書いちゃっていいの?」
と思うくらい詳細に農業起業のことが、
書かれている。

これから農業で生計を立てたいと思う方は、
大いに参考になる本だろう。

ただ、この本を読めばすぐに農業で
起業できるかといえばそうではないので、
きちんと下準備をする必要はある。

その下準備的な役割をこの本では
果たしているのではないだろうか。

時間の使い方も勉強になる

冒頭でも書いたが、蓮見さん自身三足のわらじを
はいている。
(経営者・市議会議員・大学院生)

農業を入れると四足のわらじになるが・・・

農業だけでも大変なのに、他にも色々とやられている
ことに頭が下がる思いである。

どのように時間を使っているのだろうと思い、
この本を読んでみると、うまく時間を使っていると
読んで感じた。

詳しくは読んでみていただきたいが、
自己成長のために常に情報をインプット
されている姿は、大いに学ぶべきことが
多いのではないか。

農業起業以外でも応用できるのでは?

私自身、司法書士・行政書士として
日頃起業される方とお付き合いする機会がある。

この本は農業起業について書かれているが、
むしろ、農業以外でも起業される方は、
この本は参考になるであろう。

起業することについては変わりはないのだから。

ぜひこれから起業を考えている方は
読んでいただきたい。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ