「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」【読書日記】

写真 2014-11-10 5 48 13

自分を変えたいあなたへ・・・

今回紹介する本は 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 (小倉広解説 ダイヤモンド出版社)    

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広 ダイヤモンド社 2014-02-28
売り上げランキング : 691

by ヨメレバ

自分自身を変えたければ絶対に読んでほしい

この本をどんな方に読んでほしいか? よく自分自身を変えたい、
でも何からしたらいいかが分からない。

「アドラー心理学」は自分自身を変えることの大切さについて
言っているようだが、 実際はどうなのか?

以上のことに興味がある方はぜひ、
「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
を読んでほしい。

この本は、「アドラー心理学」について書いてあることはもちろん、
自分自身を変えることができる大事なヒントが多く隠されている。

読んでもらえば分かるが、
書いてあることは意外と当たり前のことかもしれない。

でも、書いてあることをなかなか実行できていないと
実感する方も多いだろう。

私も自分自身を変えたいと思い、
また 「アドラー心理学」を知りたく この本を読もうと思い、
この本を購入した。

この本を読んで、意外と当たり前のことが書いてあるが、
できていないと思い反省する内容だった。

とにかく、この本を読んでできるところから始めればいいのではないか?
そうすれば、自分を変えることのできる何かきっかけを
見つけることができる。

 

アドラー心理学の理解に最適な本が「アルフレット・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」

ところで「アドラー心理学」ってどんな心理学だろうか?

「アドラー心理学」はなかなか掴みどころが分からないと言われる。
今年に入って盛んに「アドラー心理学」についていわれるようになったが、
そのきっかけになったといわれる本が「嫌われる勇気」である。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13
売り上げランキング : 8

by ヨメレバ

さらに、最近発売になって話題になっているのが、
今回紹介する
「アルフレット・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
である。

この本は他の「アドラー心理学の本」と比べて分かりやすく書かれている。

簡単に「アドラー心理学」を理解させようと努力した本である。

サラサラと読むことができた。

以下、私が読んだ感想を含め紹介する。

写真 2014-11-10 5 48 13

分かりやすさに徹した「アドラー心理学」入門書

この本の特徴であるが、
見開き2ページで分かりやすく 「アドラー心理学」について
書いていあるのが魅力。

先程も書いたが、なかなかアドラー心理学は理解が難しいといわれている。

しかし、この本は分かりやすく解説してあるので理解しやすい。

私が「アドラー心理学」に関する本を読んだ中で一番分かりやすかった。

「アドラー心理学」を基礎から学びたいという方は、
この本を読むことから始めるのが一番だ。

写真 2014-11-10 5 48 24

 

「アドラー心理学」の一番言いたいことは?

「アドラー心理学」の一番の核となる部分 私が読んで感じた感想
それは 「全ての責任は自分にある」 ということ。

過去を問わず、これからのことは
すべて「自分自身」で決めていく必要があるということ。

自分で何もしなければ、何も変化は起きない。
つまり、自分を変えたいというのであれば、
自分で行動をすることが大事。

まず、私が感じた「アドラー心理学」の根底は、
「自分自身で決めたことには自分で責任をもつ」ということだ。

さらに、他人に貢献できることはないかと考えること。

他人に流されるという意味ではなく、
他人に対して何ができるかを考えて行動するということ。
相手にギブを与え続けることが大事である。

以上のことを、アドラーの言葉や研究・アドラーの弟子などの
言葉等を通じて、具体的事例を交えて書いてあるので
分かりやすい。

特に私が一番印象に残っている言葉
「ありのままの自分を受け入れること」

自分がこれから何をするにあたり、
まずは自分をきちんと受け入れるための準備をすること。

自分のことを理解しているつもりが、
他人から見た自分は違って見える。

そういう自分を受け入れることが重要ではないだろうか。
そこに「アドラー心理学」の核心が見えてくると読んで感じた。

ビジネスにも役に立つ!

相手に貢献するということは、 相手のことを考えて行動することが大事。

これはビジネスの場面でも活用できるのではないか。
そのヒントもこの本には隠されていると感じた。

写真 2014-10-27 22 03 41

まとめ

自分自身に変化を与えたい方からビジネスの場面でも活用できる
「アドラー心理学」 。

その入門書として位置づけられるのがこの本だ。

とにかく一度手にとって読んでもらいたい。
お薦めの本である。

<関連記事>

アドラー心理学入門 | 司法書士行政書士きりがやの読書日記 | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

<今回紹介した本>

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広 ダイヤモンド社 2014-02-28
売り上げランキング : 691

by ヨメレバ

<関連書籍>

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13
売り上げランキング : 8

by ヨメレバ

 

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
岸見 一郎 ベストセラーズ 1999-09
売り上げランキング : 252

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ