【会社設立アドバイザーの読書日記番外編】「読んだら忘れない読書術」を再再読

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-04-20 21 21 03

「読んだら忘れない読書術」を再再読してみた

今何かと話題の本、それは
「読んだら忘れない読書術」
(樺沢紫苑著 サンマーク出版)

読んだら忘れない読書術

樺沢紫苑 サンマーク出版 2015-04-14
売り上げランキング : 44

by ヨメレバ


この本を読むのは実は3回目。

私自身、3回同じ本を読むことはありません。

しかし、10万部以上売れていて話題になっている本。

これは最初に買った時に読んだ時とまた違った面白い発見が出来るかも・・・

そう思い、再再読してみました。

スポンサードリンク


本を汚して読むこと

本を汚して読む。

あなたは抵抗がありませんか?

でも、インプットの観点からも大事ではないか。
この本を読んで思ったのです。

ただ、漠然と読むだけでは、印象に残らない。

となると、頭に入りづらく、折角買った本も有効活用できないのはもったいない。

折角投資しているのだから、どんどん汚して使ったほうが著者のためにもいいのではないか

この本を読んでそう思いました。

私も再再読して、気づいたこと、ここは大事だと思った部分は、思い切ってメモしました。

写真 2015-06-18 8 15 45

読書することで「時間」が財産になる

読書をすることで、時間の感覚がつかめるようになる。

これってやっぱり大きいことですよね。

時間は限りないもの。

それを有効活用できるようになれば、自分自身を豊かにさせることができる。

その手段として読書があると再度確認しました。

写真 2015-04-20 21 21 21
まとめ

あなたの人生で大切なものは何でしょう。「健康」「お金」「時間」「人(つながり)」「自己成長・自己実現」
読書はこれら全てを与えてくれます。
(22ページ)

読書は自己成長・自己実現のために最適なこと。

この本を読んで改めて感じました。

自分がまた別のステージに立ったとき、また違ったように思えるかもしれない。

何度読んでも再発見できる本です。

「読書は人生の縮図」みたいなものかもしれませんね。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

読んだら忘れない読書術

樺沢紫苑 サンマーク出版 2015-04-14
売り上げランキング : 44

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ