アドラー心理学入門 | 司法書士行政書士きりがやの読書日記

写真 2014-08-26 7 29 09

★「アドラー心理学」を知りたくて・・・

今回紹介する本は
「アドラー心理学入門」(岸見一郎著 KKベストセラーズ)

最近「嫌われる勇気」という本が人気を
集めているらしい。

その本は「アドラー心理学」をもとにしている
という話を聞いて、「アドラー心理学」とは
何だろうと思い、この本を買ってみた。

文庫本なので読みやすいと思ったが・・・

★内容は濃いが難しい

やはり心理学の本なので、文庫本で気軽に読める
といっても、内容は難しい。

どうしても学問的、自分の専門外の領域になってしまうと
読みにくいのは致し方ないかもしれない。

ただ、この本を読んで腑に落ちたところがあるので
そこを中心に自分なりの感想を書いていきたい。

★自分を受け入れる勇気があるか?

アドラー心理学を極めるのは並大抵ではないのは
承知している。

自分なりに解釈すると、
自分軸というものをしっかり持つ必要があるのでは
ないかということ。

自分の周りで起こっていることは、
自分でしっかり受け入れる勇気が必要だと
いうこと。

それを受け入れることが、自分自身の人生を
豊かにそして楽しくなるのではないかということ。

自分を信じて、とにかく動いていくことが
大事なのかということをこの本で学んだ。

どうしても人間は他人の目線が気になったり、
他人と比較したりするということを
しがちである。

他人と比べて、どうしても自分のほうが劣っている
負けているとか、自己嫌悪に陥りやすい。

かくいう私もそうである。

どうしても他人と比較してしまい、
自分はダメなのかと思ってしまうことが多い。

しかし、他人はあくまで他人。
自分は自分、とにかく自分という軸をしっかり
築き上げることがよっぽど大事。

他人と比較するのは全く無意味。

そこが「アドラー心理学」のキーワードの
一つであると読んで感じた。

★まとめ

あくまでも個人的な感想なので、
アドラー心理学の本当の意味を理解したという
ことにはならないだろう。

ただ、アドラー心理学とはどういうものか、
知りたいのであれば、この本を読んでおくのは
悪くないと思う。

内容は難しいが、アドラー心理学を俯瞰するには
役に立つ一冊ではないだろうか。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ