通勤電車が好きでない!混雑した時間や車両を避ける個人的な方法とは?

通勤電車が好きでない!混雑した時間や車両を避ける個人的な方法とは?

ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

「通勤電車が好きでない」

電車好きな私でも、朝の通勤電車は苦手です。

なので、少しでも空いている時間を選んで通勤しています。

なぜ混雑した電車が好きでないのか?

高校時代から振り返ってみて、そういえばラッシュ時の電車とは無縁だったのかもしれません。

そのあたりのことを書いていきます。

朝早起きしている理由とは?通勤電車が好きでない!

高校・大学時代は通勤電車と無縁

高校時代は、自宅から自転車で行ける高校だったので、天気が悪くならないと電車には乗りませんでした。

しかも、乗っても2駅だけだったので、そこまで混雑は高くはなく、らくらく通学していました。

予備校は代々木に行っていました。

ちょうどラッシュ時間帯だったかもしれませんが、あまり混雑したという印象は残っていません。

大学も自宅から近く、ラッシュ時間帯を避けて行っていたため、通勤電車と無縁でした。

補助者時代もほぼ通勤電車と無縁

自分の中では、通勤電車と聞くと、下手すると何かに巻き込まれるリスクは有ると感じていました。

なので、リスクを減らす意味もありますが、なるべく混雑した電車には乗らないことに決めていました。

補助者時代もラッシュになる前に通勤していたので、朝から疲れるということはありませんでした。

ぎゅうぎゅう詰めで通勤とかした記憶はありません。

朝から疲れるリスクを避けるための方法は?

現在、各鉄道会社ではアプリなどで、混雑状況を教えてくれます。

なので、混雑になる前、座席が全部埋まる程度の状態であれば、多少楽に通勤ができるでしょう。

あとは、よく乗降客の多い駅の出口付近は乗っている人が多いのと、女性専用車両の隣の車両は混む傾向があります。

なので、その車両を避けて乗車するのもありです。

確かに出口から遠くなるということはありますが、朝からいい運動したというイメージを持つといいかもしれません。

ちなみに都内のほとんどの車両が1両あたりの長さは20メートルです。

まとめ

私が混雑した電車が好きではないのは、リスクを伴うことがあるからです。

なので、朝早く起きて通勤しています。

体が楽で仕事も捗るので、どうしても朝から疲れるというのであれば、少し早く通勤するのもありでしょう。

今回は
『私が朝早く起きて事務所に来ている理由は?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

ライフログに関する最新ブログはこちら

参考書籍

すごい朝時間術

石川和男 総合法令出版 2019年03月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ