【会社設立アドバイザーの「読書日記」】『サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

写真 2015-03-13 20 04 50

マーケティングの基礎を学びたい。
本格的にマーケティングの勉強をする必要が出てきた。

しかし、どの本を読んだらいいかわからない。

私も実際どうすればいいかわからなかった。
とにかく薄い本で概略を理解しよう。

そう思って購入したのがこの本。

『サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』
(庭山一郎著)


独学でマーケティングを学んだ著者だからこそツボを押さえている

マーケティングと言っても全く学んだことがないと、どこから手をつけていいのか分からない。

そのためにこの本が存在する意義が大きい。

実際著者も独学でマーケティングを学んだとのことで、どこを見ればいいのかわかりやすく書いている。

奥深く入るためには、理論は学ばないといけないと本書でも書かれている。

ただ、入門書の位置づけとして、この本で概略を学ぶのはいいのではないか。

実際に読んでみると、マーケティングの肝になる部分をわかりやすく紹介している。
まずはこの本に書いてあることを理解するのが、マーケティングを勉強する上で最善であろう。


次のステップとしては・・・

この本を読み終えて、マーケティングの概略は理解したつもりである。

でも、マーケティングといっても、定義付けは難しく、
実際に現場でこなしていかなければわからないことも多いだろう。

コトラーとか理論本を読みつつも、この本は何度でも読むことで、
最初は理解しづらいところでも、なるほどこういう考えだったのか
ということが、だんだんわかってくるだろう。

入門書とはいっても、次のステップへ進むさいにも、
この本を何度も読み返せば、また新たな発見があるかもしれない。

私も、わからないことが出てきたら、この本をまた読みなおそうと思った。


とにかくマーケティングの土台を固めることが大事

最初からとっつきにくい分野の場合、こういった入門書とか薄い本とかで
ハードルを下げることは重要である。

この本は、マーケティングを勉強するにあたり、わかりやすく解説してあるので
本当に重宝した。

聞いたことがある用語でも、改めてこういう意味だったんだということを理解できた。

理論本を読みつつも、この本を何度でも読んで、マーケティングのことを、
より深く研究していきたいと思った

土台を固め、積み重ねていくことが、勉強していく上で大事なのだから・・・


まとめ

マーケティング
なんだか漠然としているあなた。

まずはわかりやすい入門書から始めるのが得策だろう。

いきなり理論本を読んでも路頭に迷うだけである。

今回紹介した本は、まさに入門書にピッタリ。

この本を読んだら次にどのように進めばいいか道筋を示しているので、
その通りにやれば、マーケティングの要点をおさえることが出来るだろう。

マーケティングを全く勉強したことがないあなたに、オススメの本である。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ