【会社設立アドバイザーの企業法務日記】一つの商品で強みを作り差別化を!

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

今回は、「得意分野に特化する」について書きます。
この内容は、先日行ったある飲食店で思ったことです。

写真 2015-03-14 13 47 12

誰にも負けたくない分野をつくる

得意分野を作ることで、価格競争に負けず、お客様を囲い込める。
中小企業での戦略では大事なことです。

あれこれ手を付けるよりも、一つの分野に集中していく。

この分野では誰にも負けないくらい研究する。

利益が上がれば、そこにさらに注力するか、関連分野に広げていく。

そのような視点で経営することが大事です。

あなたは、その分野に関して、どうやってやっているか、
徹底的に研究することが必要でしょう。

真っ向勝負も大事ですが、あなたの個性を掛けあわせることで
さらにその分野に関して特化でき、差別化も図れます。

「誰にも負けない、その分野の専門家になること」

これが、これからの時代、生き残る一つのキーワードになるでしょう。


ある飲食店のケース

ある土曜日の昼下がり。
新橋に用事があったので、そこでランチをすることに。

そこの店は、行列のできるチャーハン専門店。

早速入ってメニューを見るとびっくり。
なんとあるのは「チャーハンセット」とサイトメニューのおつまみのみ

さらに驚いたのは美味しいチャーハンの食べ方までメニューに書いてある。

よほど、チャーハンには自信があるのでしょう。

値段も普通の中華料理店のチャーハンと比べても値段が高く、
決してコスパはよくありません。

しかし、チャーハンだけで行列ができ、マスコミにも注目されている店。

まさに、他の店との差別化ができている証拠でしょう。

値段が高くても、お客様は寄り付く。
それだけ魅力がある。

こだわりを持つのはほんとうに大事だと、チャーハンを食べながら感じました。

写真 2015-03-14 13 47 07
まとめ

たとえ、値段が高くても、他の誰にも負けない物があれば勝負は出来る。

だから、その分野については専門家になる。
ナンバーワンになる。

そのくらいの勢いがなければならないでしょう。

中小企業の場合、大手企業の隙間をぬってやっていかないといけません。

自分はどこで勝負は出来るのか?
強みは何か?

これから起業するあなたはじっくり考えてみることをオススメします。


今回もご覧頂きありがとうございました。
感想をいただけると嬉しいです。

<関連書籍>

「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

堀場 英雄 日本実業出版社 2014-02-27
売り上げランキング : 85988

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ