【3分以内で読める!会社設立】差別化をはかる重要性

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士桐ケ谷淳一です。

今回は、「なぜ差別化をはかる必要があるか」についてです。
以前も書き繰り返しになりますが、起業するにあたり重要な部分なのでまた書きます。

a0002_011007
オンリーワン商品を作る

住宅ローンの金利が軒並み安いという記事を先日見ました。
どこで稼ぐのか銀行関係者も頭が痛いみたいです。

これは中小企業の経営でも当てはまります。

いくら単価を安く多く売っても、結局疲弊してしまうだけ。

安売り合戦は自分の身を滅ぼすと思っていいでしょう。

そこで大事なのは、付加価値をつけて売るということ。

その商品に何かつけて抱き合わせで売れば、独自商品になり多少高くても買ってくれる。

オンリーワン商品を作ることが、これから求められる要素ではないでしょうか。


自分自身の強みを見つける

「自分の強みは何かを見つけること」

強みを掛け算することで、オンリーワン商品を作り上げることです。

まず、起業段階で自分を掘り下げる作業をしてみましょう。

出てきたものと自分がやりたい事業をうまく組み合わせることで、自分独自色のものを出すことができます。

これができることで、他と差別化をはかることができ、優位に立てることができるでしょう。

ぜひ試してみてください。
 

今回もご覧頂きありがとうございました。
感想等いただけると幸いです。

<参考書籍>

儲かる会社 88の鉄則: 事例と図解でよくわかる! (単行本)

中丸 秀昭 三笠書房 2014-04-11
売り上げランキング : 179695

by ヨメレバ

 

「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

堀場 英雄 日本実業出版社 2014-02-27
売り上げランキング : 163914

by ヨメレバ

Comments

comments