年間報酬3000万円を超えが10年続くコンサルタントの教科書 | 司法書士行政書士の読書日記

写真 2014-08-21 19 31 12

今回紹介する本はこちら!
「<決定版>年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」
(和仁達也著 かんき出版)

★コンサルタントの内容を垣間見た本

この本を読んだ感想。

コンサルタントの仕事を垣間見れた。

本に書かれているようなやり方をすれば、
依頼者も納得するのかが分かった。

お互いの信頼関係を築きあげることが
大事なのだと・・・

依頼者と一緒になって考えながら
解決していくことが大事だということを
この本で教え手いただいた。

経営者の心理とコンサルタントの考え。
両者が一緒になって、お互いの理解の上で
成り立っているものだと感じた。

★自分も勉強しないといけない

コンサルタントは、より自分を磨く必要が
あることを実感。

さまざまな角度から勉強をして
依頼者に役立つことを提供する必要が
あることを学んだ。

納得できることをしなければ、
きっと依頼者も納得しない。

そのためにも自分をもっと磨く、
アンテナを張り巡らせる。
それが大事ではないかとこの本を読んで
感じた。

★「仕組み化」も大事

この本を読んでさらに感じたのは、
売れる仕組みを作り上げることが大事だと
いうこと。

以前も紹介した「新・家元制度」のように
一つ基盤になるものを作れば、
あとは応用で何とかいける。

その仕組み化をいかに考えるかが
コンサルタントとして大事なのかもしれない。

 

★士業にも役立つ本

私は司法書士・行政書士である。

税理士や社労士と違い、
一度仕事が完了してしまうと、これで終わり
ということが多い。

ただ、この本には、次の仕事につなげるための
ヒントが隠されていた印象を受けた。

できるところから実践していきたい。

★まとめ

この本を読んで、そんなところまで書いてしまっていいの
というような内容がある。

顧問契約の際の値段の交渉術とか
本来企業秘密にしたい内容だと思うが
包み隠さず書かれているのは魅力である。

コンサルトのみならず、様々な業種の方に
読んでもらいたい本である。

 

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ