東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


先日Yahooニュースの

『<貸家着工>首都圏でバブル? 
新築増えて空室率上昇』

という記事を見ました。


その中に相続税対策の一環として、
貸家を建設する動きのことが書いて
ありました。


相続税対策で本来は何が大事かというのを
しっかり考えることが大事です。



相続税対策 本当に大事なことは何か?「節税」ばかりに目がいっていませんか?


なぜ相続対策として「貸家」を立てるのかを考える


「貸家」を立てるのは相続税対策として有効
だと言われています。


土地で更地の状態だと、評価額が高くなって
しまい、相続税の重荷になってしまいます。


しかし、更地に貸家を立てると、土地の評価
が下がり、節税にもなります。


更にローンを組んで貸家を建てれば、
家賃収入でローンを返済することになり、
負担は少なくて済むという利点があります。


ただ、落とし穴も・・・


よく貸家経営でサブリースで行う方法が
ありますが、これにはメリット・デメリット
も存在します。


中には、住宅ローンを組んだのはいいが
住人が入らず、借金だけが残ってしまい、
相続人にかえって負担になる・・・


「何のための相続税対策か?」
よく検討してから貸家を建てることが
重要になります。



貸家の飽和状態が将来空き家の問題につながる?


貸家を建てることで、飽和状態になると
いう懸念が上がっています。


せっかく立てた貸家。
古くなり誰も住まなくなったので放置・・・


私は、貸家が多く建設されることで
飽和状態となり、近い将来、貸家の空き家問題
として浮上して来るのではと思っています。


壊すのにも費用がかかってしまい、
固定資産税も払う必要が出てくる・・・


結局は頭の中に「相続税払いたくない・節税」
のことしか考えなかったことが、かえって
大きな問題につながることを理解する
必要があります。


残される人のことを考えた相続税対策を!


結局は自分の財産は使い切ることが
究極の相続税対策です。


あの世に自分の財産を持っていけない以上、
自分で使い切るしかないからです。


そうは言ってもなかなか自分の財産を
使い切れない方もいるでしょう。


また、この財産だけは誰かに譲りたいという
思いもあるでしょう。


そのときに、残された人が相続で苦労しない
ようにするにはどうすればいいかを真剣に
考えることが必要です。


信託したり遺言を書いたり、できるところ
から始めることが相続税対策の最初の一歩に
なります。



まとめ


貸家の飽和状態が近い将来空き家になる
危険性があるということは意識したほうが
いいでしょう。


また、相続税対策として残された人に
何ができるのか、そこもしっかり考える
ことが相続税対策の第一歩です。


決して目先の利益だけにとらわれないこと
それが相続税対策成功への第一歩です。


今回は
『相続税対策 本当に大事なことは何か?
「節税」ばかりに目がいっていませんか?』

に関する内容でした。


参考記事


<貸家着工>首都圏でバブル? 新築増えて空室率上昇(Yahooニュース)


参考書籍

空き家にさせない!「実家信託」

杉谷 範子 日本法令 2016-12-08
売り上げランキング : 34758
by ヨメレバ
家族信託活用マニュアル

河合 保弘 日本法令 2015-12-10
売り上げランキング : 50606
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で