相続・遺言 遺産分割協議がうまくいかないときはあるのか?【司法書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


遺産分割協議がうまくいかないときはあるのか?


遺言書を作っていなければ話し合いで相続財産を分ける


遺産分割協議 相続人全員で話し合いが必要


相続が開始し、被相続人が遺言を
残していない。


いくら公正証書遺言の件数が増加しても
まだまだ遺言書を書くということには
抵抗があるのは事実。


なので、結構相続開始後財産を分けるのに
遺産分割協議をすることが多いです。


相続開始前は良好な家族関係だと思っていても・・・


実は遺産分割協議も普段家族と
良好な関係を気づいていれば、
遺産分割協議はすんなりいく・・・


と思っている方も多いでしょう。


しかし、多額な財産が入ってくると
話は別です。


相続を契機に「相続」が「争族」になる
ケースも多くあります。


そのことを相続開始前から知っておく
ことは重要です。


なので、自分の財産をどうしたいのか、
遺言を作っておくことは有益なのです。


遺留分の問題は出てしまいますが・・・


相続開始後、知らない相続人が出てきてしまった・・・


離婚とかがあると複雑に・・・


このブログでも何度も書いていますが、
親に離婚歴がある場合は要注意です。


相続人を探していくと、実は離婚していて
子供がいたというのが結構あります。


最近は離婚も気軽にできているという
風潮があるので、離婚して子供がいる
場合は要注意です。


離婚していると知らない子供にも通知をする必要がある


遺言を残していても、必ず相続人の
調査が必要になります。


遺留分権利者の地位があるからです。


遺言を残しておらず、遺産分割協議を
する必要がある場合は要注意!


相続人を除外した遺産分割協議は無効に
なることがあります。


さらに、当事者でお話し合いがこじれると
裁判所を介さないといけなくなります。


そうなると、相続財産の分配に時間が
かかり、お互い疲弊してしまいます。


まとめ


遺言をすることも大事ですが、
自分から見て、全然連絡していない子が
いる場合、どうすればいいかを
自分で解決するしかありません。


残された方々が結局疲弊してしまい、
それが原因で家族分裂につながります。


自分の問題として、相続を後ろ向きに
考えず、残された方のことを考えるのが
重要です。


参考書籍

実務 相続関係訴訟 遺産分割の前提問題等に係る民事訴訟実務マニュアル

田村洋三,小圷眞史,北野俊光,雨宮則夫,秋武憲一,浅香紀久雄,松本光一郎 日本加除出版 2016-06-03
売り上げランキング : 79702

by ヨメレバ

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録登録はこちらから!
   

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ